• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

白神社(しらかみしゃ)のクスノキ Camphor in Hiroshima

木は誰もいなくなった焼け野原で生き延びた
This camphor survived anyone in the burnt field which disappeared.
490m from the hypocenter

sricho1,08.8.2 227shirakami kusu1.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:クスノキ(クスノキ科)落葉高木
学名:Cinnamomum camphora
爆心地からの距離:490メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:5.8メートル 
◎幹周り:1.53メートル
◎所在地:広島県中区基町7-24 白神社内
◎会いに行くには:広島駅より路面電車「紙屋町経由広島港」行き、「袋町」 で下車、徒歩1分
(2008年8月撮影)

爆心地に近い白神社(しらかみしゃ)に立つクスノキです。原爆投下後、地面に出ている部分はすべて焼けてしまいました。根は強靭にも生きていたのか、翌年春には大地から芽を出しました。それから70年、すくすくと育ち、今では神社の屋根を越すほど高く聳えています。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:Camphor
botanical name:Cinnamomum camphora
490m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:5.8m
◎surroundings:1.53m
◎address:Shirakami-sha,Motomachi 14,Hiroshima city
◎In tram from Hiroshima Station, "Fukuro-machi" get off,1minute walk.
(photographing date:Aug,2008)

The Camphor is standing in near the place from the hypocenter.It had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years", so this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair.