• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館
最新情報

プロフィール

杉原梨江子

img_profile6 (2).jpg文筆家。詩人。

広島県生まれ。
日本の木の文化、世界の木、花、薬草にまつわる伝承や神話、思想を中心に、人間と植物との交流の歴史を研究。また、ライフワークとして、原爆、戦争、震災を生き延びた木々を訪ねて、当時の記憶がある人々から話を聴き取り、後世に伝える執筆、講演活動を続けている。 

編集者、取材記者として二十数年、公立図書館の司書(千代田区立 日比谷図書文化館、港区立麻布図書館)など、<本>に関わる仕事を経て、執筆活動に入る。

【所属】
日本文藝家協会会員 
日本自然保護協会(自然観察指導員)、日本メディカルハーブ協会(JAMHA認定ハーバルセラピスト)、日本アロマ環境協会(AEAJ認定アロマテラピーインストラクター) 

<被爆樹に関する執筆・活動> 
2008年より、広島市内の被爆樹を1本1本訪ねて撮影し、原爆の記憶がある人や木を守っている人に話を聴いてきた。終戦70年目の2015年、『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』(実業之日本社刊)を出版。以来、公立図書館で写真パネル展示を開催。東京都内(千代田区、港区、東久留米市etc)、山梨県大月市、愛媛県今治市、広島県東広島市、府中市など日本各地の図書館。今年から長崎での調査も始め、11月には長崎市立図書館でも開催する。学校、ギャラリーを合わせ16回になる。
2017年、東京都内の小学校にてゲスト・ティーチャーとして、6年生約100人に平和授業を行う。

<花に関する執筆・活動> 
花のシンボル(象徴、図像)、花の色彩学、古代の薬草学を通し、草花や木が人間の心に及ぼす影響についても探求中。また、古代北欧の森の文化、樹木崇拝(世界樹、宇宙樹、Tree of Life)を研究するため、スウェーデン語、現代・古代アイスランド語を学ぶ。

★ラジオ出演  
月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花について話しています。
番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。毎月・第3火曜日の19時25分から。
※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。
※動画ラジオはYouTubeでどうぞ♪
第1回2017年7月18日放送開始。本についてとバラの始まり
https://www.youtube.com/watch?v=QWCcWLI5aAc
第2回 8月22日放送「アサガオ」 
https://www.youtube.com/watch?v=PTlXsuDgTAg
第3回 9月19日放送「彼岸花」
https://www.youtube.com/watch?v=w7qKaNPa3JE
第4回10月17日放送「コスモス」
https://www.youtube.com/watch?v=HniJQq2q9zI
以下、つづく。

【著書】
2017年『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』(説話社)
2016年『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)
2015年『被爆樹巡礼~原爆から蘇ったヒロシマの木と証言者の記憶』 (実業之日本社)
『聖樹巡礼』(PHP研究所)
『古代ケルト聖なる樹の教え』(実業之日本社)
『いちばんわかりやすい北欧神話』(実業之日本社)
『贈ろう、飾ろうインドアグリーンと小さな花鉢』(主婦の友社)
『ゲーム制作者のための北欧神話事典』(翔泳社)等。

この他、本サイトのBOOKページをご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/book/ 

【新聞掲載】 
≪2017年≫  
日本経済新聞 8月3日付文化欄「被爆樹よみがえる生命力」
中国新聞 9月21日付「想」欄「被爆樹生きる力」
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=76719 
上毛新聞・第26期オピニオン委員に就任。11月から1年間隔月で、「視点」にて執筆
https://www.thunderbird.co.jp/opinion21_2017/ 
毎日新聞 7月30日付広島版『花のシンボル事典』紹介記事
https://mainichi.jp/articles/20170730/ddl/k34/040/344000c
中国新聞、週刊読書読書人8月11日付 etc. 
≪2016年≫
読売新聞5月4日付/11月3日付広島版、中国新聞8月3日付/11月2日付、毎日新聞11月2日付広島版、朝日新聞11月9日付広島版
≪2015年≫
読売新聞7月26日全国版書評欄「HONライン倶楽部」、共同通信7月末日配信、東奥日報7月27日付、信濃毎日新聞7月29日付、中国新聞8月2日付読書欄/10月21日付、愛媛新聞11月18日付、週刊読書人9月11日付

【雑誌掲載】 
「ハーブ・樹木の伝承と神話」連載中(日本メディカルハーブ協会 会報誌『MEDICAL HERB』)

【出版社サイト掲載】
幻冬舎plus「本日の「北欧神話」の言葉」/著書『自分を信じる「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)より
http://www.gentosha.jp/category/jibunoshinjiru?page=2


★編集者時代の主な仕事(企画・編集・執筆)
【書籍・聞き書き】
『瞳に「気品」を、心に「艶」を』市川染五郎(現 松本幸四郎)著(講談社刊)
『感じるきもの』萬田久子著(講談社刊)
『和風えれがんとマナー講座』『きものは女の味方です』森荷葉著(PHP研究所刊)
【雑誌】
女性誌『Voceヴォ―チェ』(講談社)にて1999年、科学者K.S氏、編集者S氏とともに立ち上げた企画「実験Voce」は現在まで17年続く人気連載となる。杉原の手を離れたあとも、読者、業界の人々に注目され続けている。
花の香水企画「源氏物語 姫君たちの恋の香り」(『Frauフラウ』)
和の達人に聴く連載「和文化の教養」、インタビュー連載「萬田久子の感じるきもの」(ともに『Graziaグラツィア』)
対談連載「市川染五郎×宝塚トップスター対談 恋の花道」(『Voce』)
2011年「東日本大震災ドキュメント~震災1か月後の宮城、岩手、福島」香り」(『Frau』)など、いずれも講談社の女性誌。




【講演会&写真展】
「原爆から蘇ったヒロシマの木」
~被爆樹を知っていますか? Do you know Atomic Bombed Trees?~

≪2017年の開催≫  
<写真パネル展示>※すべて無料
▼長崎市立図書館
会期:11月1日(水)~11月30日(木) 
展示タイトル「原爆を生きのびたナガサキの木・ヒロシマの木(仮)」
広島の被爆樹だけでなく、長崎市の木も紹介する初展示。 ※トーク・イベント:11月23日(木・祝)
▼千代田区立日比谷図書文化館(霞が関)
会期:7月18日(火)~8月31日(木) 
展示タイトル「特集・原爆を伝える2017」
2階「➁原爆から蘇ったヒロシマの花と木」
3階「➀四國五郎「おこりじぞう」原画展」(8/18まで)
(協力:ご子息・四國光氏、金の星社)
※図書館HP:http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=3057 
▼港区立麻布図書館
会期:8月8日~8月16日
▼群馬県前橋市・しんせい接骨院ロビー
会期:8月1日~8月31日
<講演会>
▼東広島市立中央図書館
小学生向け「ヒロシマの木のおはなし」
日時:8月9日(水)14時~15時30分 
▼山梨県大月市立図書館図書館 
日時:7月30日(日)
関連展示:図書館ステップギャラリーにて、7月3日~8月31日 
※チラシは20170730広島の木in大月市立図書館.pdfをご覧ください
<フィールドワーク>
▼広島市内にて、被爆樹を巡る
日時:4月1日(土)13時~16時予定
主催:HIP(平和のためのヒロシマ通訳者グループ)
<ゲスト・ティーチャーとして平和学習>
▼東京都大田区立雪谷小学校
◎日時: 10月23日(金)10時40分~11時20分 
対象:小学6年生約100人(2018年春卒業生)
◎日時:2月22日(水)午前中の授業にて、各クラス約40分
対象:小学6年生1組34人、2組34人、3組31人(2017年春卒業生)

≪2016年の開催≫
<学校>
▼広島県福山暁の星女子中学・高等学校
会期:5月2日(月)~5月31日
※聖母祭にて講演:5月2日「いのちの力」8時40分~9時50分
▼星槎国際高等学校 八王子学習キャンパス
会期:5月31日(月)~8月 31 日(水) 
<フィールドワーク>
▼広島市内「被爆樹&被爆建物めぐり」with ヒロシマ・ピースガイド
日時:5月3日(火)
場所:広島市・白島周辺
主催:廣島・ヒロシマ・広島を歩いて考える会
<講演会>
▼平和事業「未来の私たちに伝える過去の記憶」
日時:8月6日(土) 
場所:多摩平の森ふれあい館(東京都・日野市)
主催:東京都日野市・平和事業
<写真パネル展示>
▼東久留米市立東部図書館
会期:8月2日(火)~15日(月)
※ライブラリー・トーク:8月3日(水)
▼東広島市立中央図書館
会期:8月2日(火)~31日(水)
※ライブラリー・トーク:8月9日(火)15時~
▼東広島市立サンスクエア児童青少年図書館
会期:8月6日(土)~8月14日(日)
▼旧日本銀行広島支店ギャラリー地下1階 公文庫
会期:10月30日(土)~11月4日(金)
※ギャラリー・トーク:11月3日(木)14時~

≪2015年の開催≫
<写真パネル展示>
▼広島県府中市立図書館
会期:8月13日(木)~8月31日(月
▼旧日本銀行広島支店ギャラリー地下1階 公文庫
会期:10月
※ギャラリー・トーク:14時~
▼愛媛県今治市立大西図書館
会期:11月5日(木)~11月11日(水) 
▼愛媛県今治市立波方図書館
会期:11月14日(土)~11月23日(月祝) 

【メルマガ】毎月6日・21日
foomii「杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る、森の知恵~」2016年終了。原稿をまとめて書籍化、計画中。 

【講座】
北欧の古代文字「ルーン文字」を学ぶ<ルーン塾>主宰
~北欧が大好きな人、もっと奥深い北欧を知りたい人へ~
「ルーン文字Rune」とは、スカンジナビア半島で使われていた古代文字のこと。1つ1つの文字に意味があり、人生のエールを授ける神秘の文字。現在でも、スウェーデンやノルウェーの小学校では「ルーン文字で自分の名前を書こう!」という勉強の時間があり、自国の文化として継承されている。 


★写真:群馬県中之条町「世立ての枝垂れ栗」の前にて