• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

世界遺産・熊野速玉大社のオガタマノキ Michelia in 熊野

古来、神の霊を呼ぶご神木 
春には香りのよい花を咲かせます 

IMG_1807_R.JPG DATA of TREE 
▽樹種:オガタマノキ(モクレン科・常緑高木)
▽学名:Michelia compressa 
▽樹齢:不明
▽樹高:約21m/幹周り:約1.65m
▽所在地:和歌山県新宮市新宮1 熊野速玉大社(世界遺産)

【木の特徴】
古来、ご神木として崇拝されるオガタマノキが熊野速玉大社の境内に入ってすぐ右手に立っています。細い木ですが、幹は苔むして、古木の姿を見せています。春には芳香の強い君がかった白色の花を咲かせます。この葉を食べて育つミカドアゲハの飛来も楽しめるといいます。有名なナギのご神木とともにご覧ください。(2018年5月20日撮影)
★この木を見るポイント⇒苔むした幹。春には花。神の霊を呼ぶご神木として、見上げてみましょう。

【オガタマノキとは?】
関東以西の本州、四国、九州、沖縄に自生する常緑高木。冬も緑を絶やさないことから信仰の対象とされ、古来、ご神木として神社の境内など神域に植えられます。神棚に備える玉串にも使われます。名前の由来は、この木を神殿に備え、神の霊を招く習わし「招霊/おがたま」が転じたといわれています。

【歴史を伝える】
2004(平成16)年7月7日、熊野速玉大社は「紀伊山地の霊場と参詣道」として、世界文化遺産に登録されました。主祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)と熊野夫須美大神(いざなみのみこと)。書物『熊野権現御垂迹縁起』(1164年長寛勘文)などによると、熊野の神々は初めに神倉山の磐座(ゴトビキ岩)に降臨されました。その後、景行天皇58年(西暦130年頃)、現在の地に新しい宮を造営して遷(うつ)られたことが記されています。神倉山の元宮に対し、この地は「新宮」と号されました。(参考文献:熊野速玉大社ホームページ)

【この木に会いに行こう!】
JR「新宮」駅からバスで約5分。熊野速玉大社の社殿に向かい合うように立っています。

IMG_1811_R.JPGIMG_1817_R.JPG

世界遺産・熊野速玉大社のナギ Nagi in 熊野

「ナギ」は縁結びのご神木
日本有数の巨樹、美しい姿は女神のよう

IMG_1785.JPG
DATA of TREE
▽樹種:ナギ(マキ科・常緑高木) 
▽学名:Nageia nagi 
▽樹齢:約1000年
▽樹高:約20m/幹周り:約6m
▽所在地:和歌山県新宮市新宮1 熊野速玉大社(世界遺産)
※国指定天然記念物」(1940(昭和15)年2月10日指定) 

【木の特徴】
熊野三山の1つ、熊野速玉大社の参道脇に立つご神木。樹高約20メートル、これほど美しい樹形のナギを見たことがありません。まさに神宿るナギです。根は1本ですが、途中から数株に分かれ、四方八方に伸びています。
1159(平治元年)、社殿の落成のとき、熊野三山造営奉行であった平重盛の手植えの木と伝えられています。
ナギは、熊野杉や天台烏薬(てんだいうやく・クスノキ科)とともに新宮市の「市の木」に指定(2018年5月20日撮影)
★この木を見るポイント⇒根は1つ、途中から数多くの枝に分かれる美しい樹冠。 (2018年5月20日撮影)

【ナギとは?】
ナギは「凪(なぎ)」に通じることから、葉は船旅、旅立ちのお守りとされてきました。ナギの実を束ねたものやナギの枝を護符にします。古来、女性が鏡の裏にナギの葉を入れる習わしがあります。これは「凪」の意から男女間に波風が立たないように。また、ナギの葉は切れにくいため、縁が切れないようにという願いが込められ、会いたい人の姿が鏡裏に浮かぶと言い伝えられてきました。縁結びのご利益があります。

【この木に会いに行こう!】
JR「新宮」駅からバスで約5分。熊野速玉大社の熊野神宝館のちょうど向かいに立っています。

IMG_1801_R.JPGIMG_1811_R.JPG









【歴史を伝える】
2004(平成16)年7月7日、熊野速玉大社は「紀伊山地の霊場と参詣道」として、世界文化遺産に登録されました。主祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)と熊野夫須美大神(いざなみのみこと)。書物『熊野権現御垂迹縁起』(1164年長寛勘文)などによると、熊野の神々は初めに神倉山の磐座(ゴトビキ岩)に降臨されました。その後、景行天皇58年(西暦130年頃)、現在の地に新しい宮を造営して遷(うつ)られたことが記されています。神倉山の元宮に対し、この地は「新宮」と号されました。(参考文献:熊野速玉大社ホームページ)
★写真/神倉神社。上左:熊野の神が最初に降り立ったという神倉山の頂上にはゴトビキ岩。上右:頂上からの風景。下左:神倉神社へと登る538段の急な石段。下右:神様がいらっしゃる磐座。地元の人は社殿ではなく、その右手、こちらでお参りをする。


34143593_1327317170746220_6469840044935872512_n_R.jpg34017315_1327317324079538_105532551963082752_n_R.jpg33784230_1327317134079557_6429711718812745728_n_R.jpg33943263_1327317204079550_6088281777493770240_n_R.jpg

蟻通(ありどおし)神社の2本のクスノキ Camphor in 熊野

神門すぐには「火消し」のクスノキ
境内中央には「縁結び」のクスノキ

IMG_1579_R.JPGIMG_1578_R.JPG



















DATA of TREE
▽樹種:クスノキ(クスノキ科・落葉高木) 
▽学名:Cinnamomum camphora 
▽樹齢:不明
▽樹高&幹周り:ともに不明
▽所在地:和歌山県田辺市湊19-6
 
【木の特徴】
地元で御霊(ごりょう)さんと呼ばれる小さな神社に、2本のご神木が立っています。
<1本目:上左写真>神門をくぐると目の前に、馬の像を従えたクスノキがそびえています。幹には大きな傷あとがあります。安政元年、大地震のために火災が起きたとき、このクスノキの幹や枝から白水が噴き出し、同時に風向きが変わり、延焼をまぬがれたことから、「霊樟(れいしょう)」と崇拝されています。
<2本目:上右写真>境内の中央に立つご神木。根元は1つで、途中から2本に分かれて伸びる「連理(れんり)※」の姿をしています。こうした特徴を持つご神木は「縁結び」のご利益があるとされ、注連縄にはたくさんのおみくじが結ばれていました。(2018年5月19日撮影)
★この木を見るポイント⇒神門を入ってすぐのクスノキは裏側に傷あと、木のまわりの馬、シカ、ヤギ。境内中央にあるクスノキは1つの根から2本の幹が成長する縁結びの姿。

【連理のご神木とは?】
1つの根から2本の幹が伸びる木、また、別々の2本の木が途中で1つにつながった木を「連理の木」と呼びます。蟻通神社のクスノキは前者の形。連理のご神木は、縁結び、夫婦円満、男女和合などのご利益があると崇拝され、日本全国にあります。

【この木に会いに行こう!】
JR「紀伊田辺」駅から徒歩約10分。

【歴史を伝える】
「蟻通(ありどおし)」という神社の名前にまつわる故事。昔々、紀州田辺に外国の使者が訪れ、「法螺貝に1本の糸を通してみよ、もしできなければ、日本国を属国にしてしまうぞ」と言いました。ひとりの若い神様が蜜(みつ)と蟻(あり)を使って、見事に糸を通しました。それを見た外国の使者は「日の本の国はやはり神国である」と恐れ、その知恵に感服して逃げて行きました。蟻によって法螺貝に糸を通したことから「蟻通しの神」と呼ばれ、知恵の神として崇拝されることとなりました。

20180519_174146_R.jpg20180519_174236_R.jpg神門をくぐってすぐの霊樟のまわりに注目。シカ、ヤギ、馬を発見!

世界遺産・闘鶏神社の大楠 Camphor in 熊野

熊野詣の旅立ちはここで安全祈願を
歯痛が治る!? 樹齢1200年のクスノキが見守る神社 

IMG_1567_R.JPG DATA of TREE
▽樹種:クスノキ(クスノキ科・落葉高木) 
▽学名:Cinnamomum camphora 
▽樹齢:伝承1200年以上
▽樹高:14メートル
▽幹周り:8.20メートル
▽所在地:和歌山県田辺市東陽1-1 闘鶏神社(世界遺産)
(※市指定大樹天然記念物)

【木の特徴】
広い境内を見守るように立つご神木、もくもくと樹冠を広げています。2度の落雷で主幹を失い、中程から細い幹が何本も伸びて天を目指す、堂々とした立ち姿です。
このクスノキにはなんとも楽しいご利益が! 看板によると、クスノキの下に立ち、葉を歯が痛いところにつけ、歯痛治癒を念ずれば、治癒するといいます。以前にはご神木の洞(ウロ)に人が棲みつき、火の不始末から木に火がついたが、中から水が噴出して火を消したという言い伝えも。 本殿の前にマツのご神木もあり、そばにはニワトリの像が立っています。左下写真:右側がご神木。  
★この木を見るポイント⇒クスノキの葉を歯痛の場所に当ててみて。旅の初日、ずきずき悼む奥歯が本当に治りました。(2018年5月19日撮影)

20180522_124411_R (2).jpg 
【歴史を伝える】
2016年10月、闘鶏神社は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録されました。熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)すべての御祭神を祀る、三山の別宮的存在。勝負の神さmとしてのご利益があります。名前の由来は、壇ノ浦の戦い(元暦2(1185)年)にまつわる故事から。武蔵坊弁慶の父親が、「源氏か平氏か、どちらにつくべきか?」を赤を平氏、白を源氏に見立てた紅白7羽の鶏を闘わせて決めたことから、勝負の神さまに。この故事の様子を再現した像が境内にあります。

【この木に会いに行こう!】
JR「紀伊田辺」駅から徒歩約5分。

20180519_220222_R.jpg ニワトリみくじを引いてみよう!鶏の顔、引く人によってちがうみたい。
1