• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

最新情報

2017.10.13大田区立雪谷小学校で平和授業します

IMG_2346_R.JPG【Atomic Bombed Trees講演会】
2月22日に引き続き、大田区雪谷小学校の6年生、3クラスのみなさんに平和授業をします。学校司書のMさんから「ゲスト・ティーチャーとして、原爆について話してくれませんか?」と声をかけていただき、2回目です。「原爆からよみがえったヒロシマの木-被爆樹」とともに平和を考えます。

◎日程:2017年10月13日(金)
◎時間:2時限目 10時40分~11時25分
◎場所:大田区立雪谷小学校・多目的室

IMG_2347_R.JPG 【被爆樹を伝える−講演会の報告】 
場所:大田区立雪谷小学校(東京都)
日時:2017年10月13日(金)午前中の授業にて、約40分
対象:小学6年生約100人(1組33人、2組32人、3組32人 )

6年生になると、国語の授業で「平和のとりでを築く」という大牟田稔さんの文章を勉強します。原爆ドームについて書かれた文章が教科書に載っています。この平和学習を発展授業として、「被爆樹」というテーマを選んでいただきました。若い先生たちの願い「原爆ドームのことが子供たちの記憶にあるうちに、原爆・戦争について、しっかりと心に残してほしい」という思いを受け継ぐつもりで話しました。




ポイント
(1)あたらしい芽は、いつ出たの?
(2)木のそばで、なにがおこったの?
(3)「きず」から、なにがわかるの?

(1)では、「70年間草木も生えない」と言われた焼け野原で、いつ、芽生え始めたかを話しました。(2)では、木を守っている被爆者の方々の体験を伝えながら、木を紹介。(3)では、被爆した木の特徴を「きず」の写真で紹介。幹に残るヤケド跡、亀裂、ウロなど、爆風や熱線による特徴も解説しました。ほとんどの生徒さんが「被爆樹」を知らなかったけれど、最後までじっくり聴いてくださいました。

生徒のみなさんからの感想文をN先生が送ってくださいました。1人1人が感想を書いたカードが貼られた冊子。真剣に聴いてくださったことが伝わってきて、感動しました。みなさん、ありがとうございました。


※雪谷小学校ホームページにも掲載されました
http://academic4.plala.or.jp/ykgye/H29news/H29news2.html 

IMG_4587_2R.jpgIMG_4588_R.JPG 
 

2017.9.19 ラジオ出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第3回彼岸花

【ラジオ出演のお知らせ】 

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。
9月は「彼岸花」についてお話ししました。彼岸花は怖い花?不吉な花?そう思ったいるあなたの常識を覆します!

番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」&
      <もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
放送日:毎月・第3火曜日の19時25分から。 
※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。

★動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
第3回 2017年9月19日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=w7qKaNPa3JE

2017.9.2講演会の報告「トークセッション・ヒロシマ連続講座第32回 原爆から蘇ったヒロシマの木」in 駒込

東京で原爆について勉強する会で講演をさせていただきました。たっぷり3時間。広島市内の被爆樹(原爆から蘇った木)について、現在、私が知り得る限りの情報をお伝えするとともに、<「被爆樹を通して原爆を伝える」ことのこれから―課題>についても提案しました。

▼タイトル:トークセッション《ヒロシマ・連続講座》第32回「原爆から蘇ったヒロシマの木―被爆樹の向こうに見えるヒロシマ」
▼日時:2017年9月2日(土)13時~16時
▼参加人数:約20名
▼主催:竹内良男氏《ヒロシマ・連続講座》

<講演の流れ>
前半(13:00~15:30)
DVD「ヒロシマの記憶―幻の原爆フィルムで歩く広島 6植物の被爆」(日映映像)
(1)被爆樹「無言の証言」-新しい伝承の形として
◎人々の生きる力、勇気や希望となった木々―「あ、芽が出とる!」
・芽吹きの喜びは、世界共通、老若男女、思想を問わない
・「怖い」「暗い」と原爆を避けてきた人々や子供たちへのアプローチ
・被爆後に芽生えた事実は、原爆・戦争に「無関心」な人々が心をとめる存在
◎ヤケド、ウロなど傷痕を残す木の姿から、被爆の状況が見えてくる
◎1945(昭和20)年の新聞記事から。「爆心に芽吹く」他。

(2)被爆樹とは何か?
・広島市登録「被爆樹木」の定義
・広島の被爆樹木リスト&長崎の被爆樹木リスト
・傷あとを残す木々の特徴

(3)木のそばで何が起こったか?
・ヒバクシャが語る木
安楽寺のイチョウ、三篠神社のクスノキ、千田公園のクスノキ並木etc,
DVD「愛・地球博 日本は森の国」三篠神社・焼け野原から鎮守の森を取り戻す)
・原爆の絵が語る木
・伝承者(原爆を知らない世代)が語る木
・枯死してなお、後世へつなぐ木(楽器などに形を変え、伝え続けていく)etc.

(4)いつ、芽は出たか? 花は咲いたか?
「原子爆弾災害調査報告書 植物への影響」より
・1945年9~10月 爆心地から500m圏内で見つかった植物
・1945年10月、風にゆれるアサガオの花(原爆映像)
・被爆後の植物(葉・花・枝)の状態:奇形の葉、斑入り、生育不良、不完全な花etc
・論文「放射線の主として植物への影響」(調査期間:広島1945年9月21日~30日、長崎10月3日~22日)からの考察
・チェルノブイリ、フクシマの植物との共通点

(5)1本の被爆樹(本川小学校のシンボル・ニワウルシ)にみる伝承の形
戦前の木 → 原爆投下 → 元所有者の被爆証言 → 本川小の教師・ある被爆2世の死 → 彼が残したニワウルシの歌 → ニワウルシ2世が校内の「平和の森」で育つ → ニワウルシが登場する原爆絵本「いわたくんちのおばあちゃん」を通して伝承を続ける女性の姿。

(6)皆様と一緒に考えたい「被爆樹を通して原爆を伝える」ことのこれから
・被爆樹を伝えるための行動(公立図書館での展示、講演など)から見えてくること
・「軽い、明るすぎる、木では被爆の実相が伝わらない」という意見への提言
・知る人×知らない人のギャップをどう埋めるか?
・被爆アオギリ2世のゆくえ―見捨てられたアオギリ2世たち
・原爆の木々への影響をどう知り、どう伝えるか?
以上、様々な課題があることを話した上で、

(7)勇気をくれたある若い女性の言葉―被爆樹は次世代へつなぐ存在
・子供の頃、原爆・戦争の授業が怖くてしかたなかった1人の女性がくれた、勇気の言葉が私の背中を押し続ける。

これからも被爆樹の取材を続けます。新たな木々の姿、被爆者の方々との出会いを通して、原爆の伝承を続けていきたいと思います。ご清聴、ありがとうございました。

2017.8.22FMふくやま出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第2回アサガオ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。8月は「アサガオ」についてお話ししましたよ。
番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」
     <もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
放送日:毎月・第3火曜日の19時25分から。
※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

★動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
第2回 2017年8月22日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=PTlXsuDgTAg

2017.8.11『花のシンボル事典』が「週刊読書人」で紹介されました

IMG_3580_R.JPG
6月20日に出版した『神話と伝説にみる花のシンボル事典』(説話社刊)が、書評の専門新聞「週刊読書人」に掲載されました。

前の5件1  2  3  4  5  6  7  8