• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

最新情報

2019.8.10ライブラリー・トーク「被爆樹木を知っていますか?」in港区三田図書館(東京)

FF51C438-4CCB-4BA3-B78C-81291530A9F2_R.JPG【ライブラリートークの報告】
平和展示
「原爆を生きのびたヒロシマの木~被爆樹木を知っていますか?~」
▼日時:8月10日(土)➀13:30~14:00 ②15:00~15:30
▼場所:港区立三田図書館B1 視聴覚ホール 
▼無料
※被爆樹木に関するパネル展示、8月31日(土)まで開催中

講演形式ではなく、写真パネルを1枚1枚見ながら解説をするフリートークで、午後2回行いました。被爆後に撮影された「広島城のユーカリ」と現在の様子、1945年9月に爆心地から70m地点で芽を出したアサガオの写真、米軍が撮影したヤツデの新芽など当時の写真や、被爆の傷あとを残す木々の特徴パネル、被爆者が描いた「原爆の絵」を紹介しながら、「木の下で何が起こったのか?」を説明しました。

思いがけず若い人の参加が多く、ほとんどの方が「被爆樹木」をご存じありませんでしたが、公立図書館のよさはまさにそこです。たまたま訪れた図書館で案内ポスターを見て、「知らなかった、聴いてみよう、見てみよう」と関心をもってくださる、被爆樹木を知っていただくきっかけになることが嬉しいですね。終了後もパネルを見ながら、質問がいろいろと出ました。

広島生まれの被爆者の女性がいらしてくださったことが何より嬉しかったです。その方は疎開して無事でしたが、兄弟3人を亡くされたと話してくださいました。少し遠い場所に住んでいるけれど、港区の広報紙を見て、ぜひ聴きたいと思ったの、と足を運んでくださったのです。

各回30分という短い時間でしたが、皆さん熱心に聴いてくださいました。東京近県では「被爆樹木」はほとんど知られていなくて、原爆への関心も薄いですが、めげずに続けていきたいと思います。

参加してくださった皆さま、ありがとうございました。館長のKさん、司書のOさん、Nさん、ありがとうございました。
3D9FWuYhSpGMs5EMjAippg_R.jpg

2019.7~9図書館展示「原爆を生きのびたヒロシマの木」

【写真パネル展示】 
令和元年、今年の夏も、日本各地の図書館で、写真パネル展示「原爆を生きのびたヒロシマの木」を開催しています。こちらの図書館の近くにお住まいの方はぜひご覧ください。 

▼知多市立中央図書館(愛知) 
7月3日(水)~8月31日(土)
※7月27日(土)講演会「原爆を生きのびたヒロシマの木」
AD1526E6-6F3C-4E1E-91CC-0C4C2A19CF57_R.JPGBFAA6ED0-40AA-490A-9C09-5D1724B62598_R.JPG









▼港区立三田図書館(東京) 
7月19日(木)~8月31日(土)
※8月10日(土)ライブラリー・トーク
「原爆を生きのびたヒロシマの木~被爆樹木を知っていますか?」 
MkKn7hGoRYWvgl0wlU6crQ_R.jpgEA81B02A-189F-4F34-80B9-76E1164AE889_R.JPG0AB56194-C990-4541-9303-39600B652C74_R.JPG3CF26764-93EB-4542-BC0D-AB09D1F0CC05_R.JPG



















▼寒川総合図書館(神奈川)
7月16日(火)~8月31日(土)企画展示「子どもと考える戦争と平和」 
被爆樹木パネル3_R.jpgのサムネイル画像被爆樹木パネル4_R.jpg被爆樹木パネル2_R.jpgのサムネイル画像被爆樹木パネル1_R.jpg







2019.7.22毎日新聞7/22付朝刊に掲載されました

【新聞掲載のお知らせ】
毎日新聞7月22日付朝刊に、知多市立中央図書館(愛知県)での講演会「原爆を生きのびたヒロシマの木」について、掲載してくださいました。 

0722「被爆樹木」講演.png


2019.7.27平和を考える講座「原爆を生きのびたヒロシマの木」in知多市立中央図書館(愛知)

1 IMG_2500_R.JPG【講演会のお知らせ】
平和を考える講座
「原爆を生きのびたヒロシマの木」
▼日時:7月27日(土)14:00~16:00
▼場所:知多市立中央図書館2F視聴覚学習室 
▼定員:50名
▼無料
詳細はこちらのPDF「20190727被爆樹木_愛知県知多市立中央図書館.pdf」をご覧ください。 
▼現在、図書館内では被爆樹木についての写真パネル展示を開催しています。9月1日まで。
※知多市立中央図書館ホームページ 
https://www.lib.city.chita.aichi.jp/viewer/info.html?idSubTop=1&id=524  

★写真:被爆によるヤケド痕を残す「縮景園のイチョウ」樹齢約200年

2019.7.16大田区立雪谷小学校で平和授業をしました

【平和授業の報告】
◎日程:2019年7月16日(火)
◎時間:4時限目 11時30分~12時15分
◎場所:大田区立雪谷小学校・図書室
◎対象:小学6年生のみなさん(約100人)

7月16日、大田区立雪谷小学校の6年生のみなさんに、「被爆樹木―原爆を生きのびたヒロシマの木」をテーマに平和授業をしました。学校司書のMurayamaさんから、「ゲスト・ティーチャーとして、原爆について話してくれませんか?」と声をかけていただき、2016年に始めて、今回で4回目になります。今年の秋には「平和」をテーマに調べ学習の発表をするというみなさん。74年前、原爆が投下された8月を前に、戦争、原爆について考えてほしいという先生方の願いから、呼んでいただいた平和学習の時間です。

広島、長崎のことだけでなく、東京大空襲を生きのびた大田区の木についても話しました。皆さんの身近な公園などに大きな木があったら、それは戦争を乗り越えた木かもしれません。1本の大きな木と出会ったとき、何年くらい生きているんだろう?と思い、おじいさんやおばあさんにお話を聴いてみる、そんな家族の歴史をふり返るきっかけになれば嬉しいですね。
授業の最後には何人かの生徒さんが感想を話してくださいました。しっかり心に受けとめましたよ。 
雪谷小学校6年生の皆さん、先生方、じっくりと聴いてくださって、ありがとうございました。 

※上写真:昨年11月の平和授業の様子。 
※下写真:新田神社のケヤキ。樹齢約700年。東京大空襲を生きのびた木として紹介。空襲による火災で大きな傷ができています

B4F1B831-E7A4-44EA-BB54-1E945DAF2A40_R.JPGD89BE2BC-7252-4A18-B147-57E36CA92B22_R.JPG
IMG_1872g_R.JPGIMG_1879g_R.JPG

前の5件1  2  3  4  5  6  7  8