• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

最新情報

2018.7.17展示「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」 in日比谷図書文化館

IMG_0320_R.jpg【図書館展示のお知らせ】

2016年より毎年、千代田区立日比谷図書文化館 で開催させていただいている「原爆を伝える」展にて、「被爆樹木」の写真パネルを今年も展示しています。
<木のそばで何が起こったか? >を知っていただけるように、「原爆の絵」と被爆者の方へのインタビュー記事とともに被爆樹木を紹介しています。ぜひご覧ください。



展示「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」  
▼会期:7月17日(火)~8月31日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼無料
▼内容
・1945年10月、アサガオの花が咲いた
・被爆後の植物の状態、斑入りのヒマ
・「原爆の絵」と木 
・被爆者が語る木
・絵本『おこりじぞう』最後の1枚 etc. 

▼併設展示「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」
同館で8月5日に開催される、講演会に関連する書籍を展示。息子、光さんのお話と、女優・木内みどりさんによる絵本『おこりじぞう』朗読です。こちらも合わせて、ご覧ください。

※詳細は日比谷図書文化館ホームページをご覧ください。 https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20180718-2web/

IMG_0327_R.jpg

2018.7.18上毛新聞「視点」に記事が掲載されました

【新聞掲載のお知らせ】 

上毛新聞・2018年7月18日(水)付朝刊「視点」欄に記事が掲載されました。
タイトル:「被爆クスノキの苗木-平和な空 目指し育って」 

★記事は上毛新聞ホームページ上でもお読みいただけます。上毛新聞社「2018年度オピニオン委員」に選出されて、5度目の記事掲載です。 https://www.jomo-news.co.jp/feature/shiten/66557

★紙面はこちらをご覧ください。 

2018.7.17ラジオ出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第13回ユリ

【ラジオ出演のお知らせ】 

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花をラジオで紹介しています。 
7月は「ユリ」です。 

私は真っ白なカサブランカが大好きです。いつも玄関に飾っているんですよ。外から帰ったとき、ドアを開けるとユリの香りがふわっと。ああ、なんていい香り! 大好きな花に迎えられる幸せを味わっています。
そんな白いユリのシンボルは「純潔」。ギリシャ神話からユリ誕生のヒミツをお話ししましょう。じつは、「天の川」の始まりにも関わる伝説なんですよ。それは・・・?

◎番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」&
      <もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分頃から。 

日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。

★動画ラジオ YouTubeでお聴きください。
第13回 2018年7月17日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=ej84ZQ_mzLo


★本の詳細はこちらからご覧ください。
『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』杉原梨江子著(説話社刊,2017)




2018.5.10-31水墨画作品がチェコ・ノヴァフラディ城で展示されました

IMG_5637_R.JPGIMG_8238_R.JPG










墨で描いた彼岸花、作品名「Lycolis(リコリス)」が、ベラ・チャスラフスカさんを追悼して行われた「日本を愛してくれてありがとう展」で展示されました。チャスラフスカさんは、1964年の東京オリンピックの金メダリスト、チェコスロバキアの体操選手です。  

◎展覧会:ベラ・チャスラフスカさん追悼「日本を愛してくれてありがとう展」
◎作品名「Lycolis(彼岸花)」
◎会場:ノヴァフラディ城(リトミシェル) 
◎会期:2018年5月10日~31日
◎主催:ベラ・チャフラスカ基金会
※写真協力:AIACC国際書道文化発展協議会 

IMG_8239_R.JPGIMG_8241_R.JPG
 


 
 





 





■ベラ・チャスラフスカさん(1942年5月3日-2016年8月30日 74歳)
1964年、東京オリンピックで個人総合、跳馬、平均台で金メダルを獲得。「体操の名花」と呼ばれ、話題となりました。1968年、メキシコ・オリンピックで個人総合2連覇。しかし、母国の民主化運動「プラハの春」を支持する「二千語宣言」に署名したため、反政府活動者として迫害を受けることになります。髪を染め、居所も名前も変え、ビルの夜間清掃員などをしながら長年にわたって身を隠す生活を余儀なくされました。1989年、東欧民主化による「ビロード革命」で名誉を回復し、大統領補佐官やチェコ・オリンピック委員会会長などを努められました。95~2001年まで、国際オリンピック(IOC)委員会委員。2010年、日本とチェコとの友好への貢献から旭日中綬章を受賞。2016年8月30日逝去。74歳。

■水墨画作品について 
作品名「Lycolis(リコリス)」。ずいぶん前に書いた水墨画ですが、彼岸花に心惹かれ、各地の彼岸花めぐりをしたり、写真に撮ったり、エンピツで描いたりと、夢中で彼岸花を追いかけていた頃、墨でも描きました。思い出深い掛軸の作品です。

■チャスラフスカさんとの出会いについて
2012年、チャスラフスカさんとお目にかかりました。日本×チェコ友好展覧会「日本現代チェコ・ボヘミア展」、プラハ菩提樹祭で、所属する天真書法塾の師・青木宏之先生に同行したときのことです。食事会では、にこやかで、フレンドリーで、楽しくお話をしてくださいました。チャスラフスカさんとハグした思い出は忘れられません。

IMG_8249_R.JPGノヴァフラディ城で展覧会が開催されました。IMG_8247_R.JPGIMGP2016 (2)_R.jpg 


2018.6.19ラジオ出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第12回ヤグルマギク

【ラジオ出演のお知らせ】 

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花をラジオで紹介しています。 
6月は「ヤグルマギク」です。 

ヤグルマギクは青い花びらが特徴です。淡い水色、宝石のサファイヤのような青、紫色に近い濃い青色、いろんな青い花の色があるんですよ。
シンボルは「永遠の愛」。私の本『花のシンボル事典』の序文でも書いた、素敵なエピソードをご紹介したいと思います。

◎番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」&
      <もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分頃から。 

日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。

★動画ラジオ YouTubeでお聴きください。
第12回 2018年6月19日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=6i02I7MO3tw

IMG_7569_R2.jpg

★本の詳細はこちらからご覧ください。
『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』杉原梨江子著(説話社刊,2017)



前の5件1  2  3  4  5  6  7  8