• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

最新情報

2017.8.11『花のシンボル事典』が「週刊読書人」で紹介されました

IMG_3580_R.JPG
6月20日に出版した『神話と伝説にみる花のシンボル事典』(説話社刊)が、書評の専門新聞「週刊読書人」に掲載されました。

2017.8.3日経新聞・文化欄に「被爆樹」の記事が掲載されました

【新聞掲載のお知らせ】 

日本経済新聞・2017年8月3日付朝刊、文化欄に、杉原梨江子の記事「被爆樹よみがえる生命力」が掲載されました。


2017.7.18ラジオ出演FMふくやま「ブック・アンソロジー」

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介します。
毎月・第3火曜日の19時25分から、7/18スタート!
番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

  ★動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
2017年7月18日
https://www.youtube.com/watch?v=QWCcWLI5aAc

IMG_1658_R.JPG

2017.9.2ヒロシマ2017連続講座 第32回「原爆から蘇ったヒロシマの木」

IMG_5126_R.JPG 東京で、原爆について勉強する会を主催する竹内良男さんから声をかけていただき、「被爆樹Atomic Bombed Trees」について、お話をすることになりました。

2016年からスタートしたこの勉強会「トークセッション ヒロシマ連続講座」。毎回、原爆、戦争、核問題などの専門家、作家、ジャーナリスト、被爆者の方等が約3時間、講義をする講座です。私で32回目。原爆について研究をなさっている方々が多い会ですが、被爆樹についてはまだご存知ない方も多いと思います。ぜひ、いらしてください。下記のような内容でお話しする予定です。

・被爆樹とは何か?
・被爆した木々の特徴
・木の下で何が起こったか?(木のそばで生きてこられた被爆者の方々の証言から)
・いつ草木は芽生えたか?
・被爆後、ヒロシマに入った日本調査団の報告と映像
・10月、爆心直下で咲いた花 etc

●日時:2017年9月2日(土)13時〜16時
●場所:愛恵ビル3F(東京都北区中里2ー6ー1)JR駒込駅東口から徒歩2分
●参加費:1000円
●申込:下記のアドレスまでお願いいたします。
qq2g2vdd@vanilla.ocn.ne.jp(主催者:竹内良男氏)

写真:千田小学校のフジの木(広島市中区東千田町。爆心地から1640メートル)


IMG_3346 (2)_R.JPG

2017.8.8-16写真展示「原爆から蘇ったヒロシマの木」in麻布図書館

richo1,08.8.2 350ユーカリ◎_R_R.jpg【図書館展示のお知らせ】
港区立麻布図書館 主催
展示「原爆から蘇ったヒロシマの木」 
写真・解説:杉原梨江子

被爆の傷あとを残した木々の写真を展示します。焼け野原のヒロシマで、再び芽ぶいた木々。その小さな緑に、人々は生きる力と希望を見いだしました。傷ついた木々の姿から、きのそばで何がおこったか、想像してみてください。
▼展示期間:8月8日(火)~8月16日(水)
▼場所:港区立麻布図書館 視聴覚室
▼閲覧:無料
▼主催:港区立麻布図書館


※写真:広島城のユーカリ


【麻布図書館での写真展示、報告します!】

前の5件1  2  3  4  5  6  7  8