• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

最新情報

2016.10.6「foomii聖樹巡礼」第56回 生命の樹〈18〉木の聖地―邪眼除けの木

RIMG3917_R.JPG【メルマガのお知らせ】
『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
第56回 生命の樹シリーズ〈18〉木の聖地―邪眼除けの木
World Tree Series 18「Nazar Tree」






第56回 目次
1.聖なる樹の声を聴く旅へ
生命の樹シリーズ〈18〉木の聖地―邪眼除けの木
126:カッパドキアの目玉の木(トルコ)
127:アンズの木の立つリンゴの教会(トルコの世界遺産)
2.巨樹の森をめぐる文化、歴史、伝承
世界遺産の「木の聖地」
(1)ブルーモスクの植物文様(トルコ)
(2)マラムレシュ地方の木造教会(ルーマニア)
(3)ブルコリニェツの木の家(スロヴァキア)
3.花の裏シンボル図鑑 [35] オダマキー善悪の花
「質問の木箱」

2016年1月からスタートした《生命の樹》シリーズ。イチイ(西欧)、サカキ(日本・京都)、プラタナス(トルコ)、リンゴ(西欧)、キヅタ(西欧)、バラ(西欧)、サンザシ(西欧)、アカシア(西欧)、ポプラ(西欧)、トネリコ(西欧)、月桂樹(西欧)、ガジュマル(バリ島)、ムクノキ(日本・出雲)、ソテツ(西欧&日本・静岡)。"天と地とをつなぐ大きな木が宇宙を支えている"という生命の樹の根幹を成す思想「中心のシンボリズム」を求めてきたが、知れば知るほど奥は深く、世界の宗教、哲学、芸術と様々な理解が必要であることに気づくばかりだ。このままでは一生を終えるまでに「生命の樹」の真理にたどり着くことはできないだろう。しかたない、もうやり始めたことだ。心惹かれるまま、木の聖地へぽつぽつと出かけていこうか。そんなお気楽、気ままに旅することにした。 ああ、人生半ばを過ぎても、探究したい情熱がちっとも消えないのは、きっと私に伝える使命があるからだろう、と自分で自分の背中を押しつつ。憧れのカッパドキアへ!

『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
プロフィール左横の「今月発行済みのメルマガ」からお入りください。
【フーミーのご購読はhttp://foomii.com/00086

2016.9.21「foomii聖樹巡礼」第55回 生命の樹17「いのちの樹―喜びの木」

IMG_6004a_R.JPG【メルマガのお知らせ】
『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
第55回 生命の樹シリーズ〈17〉いのちの樹―喜びの木
World Tree Series 17「Inochi no ki」





第55回 目次
1.聖なる樹の声を聴く旅へ
  生命の樹シリーズ〈17〉いのちの樹―喜びの木
124:八重垣神社の魔除けのご神木(島根県)
125:江ノ島神社のむすびの樹(神奈川県)
2.巨樹の森をめぐる文化、歴史、伝承
3.花の裏シンボル図鑑 [34] キンギョソウ―おしゃべりの花
「質問の木箱」

「生命の樹」がシンボライズされたものとは何か?とも考えてみた。それは、「いのち」「死と再生」「生命の循環」「豊穣」「生命の水」、そして、「人間の身体」。キリスト教では「原罪」「知恵の木」なども挙げられるだろう。古来、世界各地で「生命の樹」は崇拝の対象。神を語るとき、生命の樹(宇宙の中心軸と呼んでもよい)は欠かせない存在であり、人間の暮らしの中にも「生命の樹」は在った。毎回、一樹ずつ取り上げてきたが、今日はシンボルの視点から、「生命の樹」を取り上げてみたい。まずは神宿る巨樹をご紹介しよう。

『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
プロフィール左横の「今月発行済みのメルマガ」からお入りください。
【フーミーのご購読はこちらから】

2016.9.6「foomii聖樹巡礼」第54回 生命の樹16「ソテツ―復活の木」

RIMG0173sotetsu_R_R.JPG 【メルマガのお知らせ】
『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
第54回 生命の樹シリーズ〈16〉ソテツ、ヤシの木―復活の木
World Tree Series 16「Apple」

第54回 目次
1.聖なる樹の声を聴く旅へ
  生命の樹シリーズ〈16〉ソテツ、ヤシの木―復活の木
122:千田小学校のソテツ(広島県)
122:龍華寺の大蘇鉄(静岡県)
2.巨樹の森をめぐる文化、歴史、伝承
3.花の裏シンボル図鑑 [33] ストレリチア―極楽の木
「質問の木箱」




ライフワークとなった「原爆から蘇ったヒロシマの木」を巡る旅。8月が終わり、切り口を変えての取材、伝承へと心を新たにしているところである。2008年から始めた被爆樹巡礼を振り返ってみて、思いがけず、よく出会うことになったのはソテツである。異国情緒漂う木だが、じつは日本固有の木なのだ。今回はこのソテツを巡りながら、南の島に育つヤシ、シュロなどの生命の樹伝説を紹介してみたい。

『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
プロフィール左横の「今月発行済みのメルマガ」からお入りください。
【フーミーのご購読はこちらから】

2016.9.1連載エッセイ「ハーブ・樹木の伝承と神話2」

日本メディカルハーブ協会・会報誌 
『MEDICAL HERB 37』2016Autumn号に掲載されました 
第2回「エルダー(セイヨウニワトコ)」

RIMG0250_R.JPG【雑誌掲載のお知らせ】
「ハーブ・樹木の伝承と神話」 
第2回「エルダー(セイヨウニワトコ)」

学名:Sambucus nigra
スイカズラ科・落葉低木
シンボル:幸福、不死、母の愛、復讐、万能薬

神話の時代、薬草や薬木の力は「魔法」と呼ばれていました。古代の人々にとって、体の不調を治し、心を癒し、時には死の病ルビ やまいをも治癒する力はまさに魔法と思えたにちがいありません。エルダーは紀元前から使われたハーブで、とくに神秘的な力をもつと伝えられてきました。世界の伝説からさまざまに紹介しながら、古代から伝わる薬草の魔法と、科学的に証明された薬効との接点を探ります。
★詳細・お問合せはこちらから➡ 日本メディカルハーブ協会ホーム―ぺージ 

 

2016.8.21メルマガ「foomii聖樹巡礼」第53回 生命の樹15「被爆樹―ヒロシマの木2」

IMG_7843_R.JPG【メルマガのお知らせ】
『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
第53回 生命の樹シリーズ〈15〉被爆樹―ヒロシマの木2
World Tree Series15「Atomic Bombed Trees」






第53回 目次
1.聖なる樹の声を聴く旅へ
  生命の樹シリーズ〈15〉被爆樹―ヒロシマの木2
2016夏・千代田区立千代田図書館「原爆から蘇ったヒロシマの木」写真展報告
118 原爆から蘇ったヒロシマの木(広島県)
119 被ばく樹巡礼~ヒロシマから(福島県)
120 東京大空襲を生き延びた千代田区の木(東京都)
2.巨樹の森をめぐる文化、歴史、伝承
  121:三篠神社の被爆クスノキ(広島市)
3.花の裏シンボル図鑑 [32] ソメイヨシノ―被爆桜
「質問の木箱」

『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
プロフィール左横の「今月発行済みのメルマガ」からお入りください。
【フーミーのご購読はこちらから】

写真展の風景。千代田図書館(東京都・九段下 千代田区役所本庁舎9階)閲覧フロアにて。
会期:2016年6月27日(月)~8月31日(水)
IMG_7876_R.JPG

前の5件1  2  3  4  5  6  7  8