• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

№53 安楽寺のイチョウ in ヒロシマ

木の下で弟といっしょに遊んだ思い出のイチョウ
木を守るため、山門に穴があけられています
A-bombed Ginkgo tree in HIROSHIMA

安楽寺のイチョウIMG_6272 (Mr.Toyooka's Ginko tree)2R.Sigojara_R.jpg ▼爆心地からの距離:2160m/広島市東区牛田本町1-5-29
▼イチョウ科・落葉高木 
▼樹齢約350年 
▼樹高:25~30m/幹周り:4.55m

【木の特ちょう―木を守るため、山門に穴があけられている】
イチョウは水分が多く、古来、「火伏せの木」と呼ばれるご神木。被爆後に米軍が撮影した白黒写真にはイチョウが延焼を止めた様子が写っています。安楽寺のある神田橋周辺の川沿いは火災に包まれ、多くの家屋が焼かれました。お寺の周り三方は家屋が燃え尽くされ焼け野原ですが、イチョウを境に、民家や建物が焼け残っています。本堂は全壊状態でしたが、イチョウに守られ、太い柱が焼け残りました。とはいえ、イチョウも炎にまかれ、枝葉を失い、ヤケドのあとが幹の上部に残っています。戦後しばらく、扇型にならない奇形の葉がよく出ましたが、そのうち出なくなったといいます。
新しい山門を造る時、邪魔になった枝を伐らずに、屋根に穴をあけて枝を通し、元気に育つように工夫されています。春から夏には青々と繁り、秋には黄金色に染まって、美しい被爆イチョウ。親木は東京・麻布の善福寺にある逆さイチョウといわれています。2015年5月撮影

IMG_6319_R.JPG  【被爆を伝える】 
被爆当時15歳だった前住職の登世岡さんは原爆で弟さんを亡くされました。「今でも私はまだ平和記念資料館へよう入らんのです。原爆のことを思い出しますから。あの日、弟がいつまで待っても帰らないので、母親と探しに出かけ、見つけたときには顔がわからないほど、全身に大やけどをしていました。ベルトのバックルでやっと弟だとわかりました。自宅に戻って6日後、息を引き取りました。12歳でした」。登世岡さんの文章が2017年8月6日の平和宣言で読まれました。2015年11月(黄葉)

【この木に会いに行こう!】
広電バス牛田方面ゆき、「牛田大橋」下車。徒歩3分。広島駅から徒歩約30分。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Ginkgo tree/The Anraku-ji temple 
2160m from the hypocenter
botanical name:Ginkgo biloba
age:about 350 years old
height:25~30 m
surroundings:4.55m
address:1-5-29 Ushida-Honmachi Higashi-ku,Hiroshima city

This tree survived the atomic bombing of Hiroshima, about 2160m from the hypocenter. 

★Let's go to see this tree !
30 minutes walk from the Hiroshima station. There is this tree in The Anraku-ji temple . IMG_0570_R.JPG

№49 千田公園のクスノキ並木 in ヒロシマ

被爆した時と同じ場所で、
22本のクスノキが並んで立っています 
A-bomebed Camphor tree in HIROSHIMA

IMG_5389_R.JPG ▼爆心地からの距離:2,030m/広島市南区千田町3-7
▼クスノキ科・落葉高木 
▼樹齢:不明 
▼樹高:不明 幹周り:不明

【木の特ちょう―被爆当時と同じ場所に多数の木】
被爆した時と同じ場所で、22本のクスノキが並んで立っています。移植されず、数多くの被爆樹木が現存しているのは珍しく、貴重。千田公園の東側に、クスノキ並木が230メートルにわたって続きます。2015年5月撮影

【被爆を伝える】
当時、クスノキ並木が立っていたのは広島工業専門学校の校庭です。1045年8月6日、爆風で建物は倒壊しましたが、校内は火災を免れました。そのため、木はほぼ無傷で、被爆当時と同じ場所で現存する理由と推測されます。広島市「被爆樹木」の登録制度が始まった1996年にはシダレヤナギも立っていたが、2002年に枯死し、幹の一部が広島平和記念資料館に保存されている。
★下写真:被爆当時、広島工業専門学校の倒壊した正門。(資料協力:多山壽夫氏(被爆当時18歳)母校会報誌より)
14122718 (2)_R.JPG
【この木に会いに行こう!】
路面電車「広電本社前」電停下車、徒歩5分。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Camphor tree/The Senda Park 
2030m from the hypocenter
botanical name:Cinnamomum camphora
age:? years old
height:? m
surroundings:?m
address:3-7Senda -cho Minami-ku ,Hiroshima city

Theas trees survived the atomic bombing of Hiroshima, about 2030m from the hypocenter. 
★Let's go to see this tree !
30 minute walk from the A-bomb Dome. There are 22 trees standing around the Senda Park.

IMG_5386_R.JPGクスノキ並木の1本は樹冠がハート形をしています。


№44 三篠神社のボケの花 in ヒロシマ

焼け野原となった鎮守の森で、 
唯一生き残ったボケの花 
A-bomebed quince in HIROSHIMA

IMG_1402 (2)_R.JPG 【被爆樹 花めぐり】
The flowers in the atomic bomb-scorched earth. Let us go to see the Atomic Bombed flowers!

▼爆心地からの距離:1,850m/広島市西区三篠町1-11-5
▼バラ科・落葉低木
▼樹齢70年以上 樹高:1.5m 枝張り:1m
▼開花時期:3月末~4月初旬

【木の特ちょう―毎春、花を咲かせる】
原爆によって焼き尽くされた鎮守の森。樹齢300年というエノキ、ムクノキ、クスノキなど木々はことごとく焼失し、木に棲んでいたフクロウやムクドリなど動物たちも焼け死んでしまいました。しかし、原爆投下の翌年、土の中から芽が出てきたのが見つかりました。「おう、このボケは生きとるわ!」根の力が残っていて、芽吹くことができたのです。それから72年、ボケの木は大切に見守られてきました。芽の数を増やし、今では細い幹の数十本が一本の太い幹のように見えるまでに成長し、毎春、美しい花を咲かせます。白、ピンク、オレンジ色、白と紅の混ざった花・・・など、さまざまな色があるのが特徴です。3月下旬頃から満開になります。宮司の野上さん「日の明るいうちにいらしてください。14時頃までかのう。花びらが太陽の光で透き通って、とてもきれいですからね」とアドバイスをいただきました。2017年4月3日撮影

【被爆を伝える】
当時、小学6年生だった宮司の野上さんは、父親と一緒にこの地に「鎮守の森」を取り戻すことを決めました。何から始めたと思いますか? クスノキの種を畑にまき、苗木を育てることから始めたのです。種は、樹齢500年の夫婦クス(広島市西区・新庄之宮神社)から採取したものを分けてもらいました。境内にはハリエンジュ、イタリアポプラ、椿、梅なども植えて育つのをじっと待ちました。植えると言っても、今のような園芸店から苗を買ってくるわけではありません。野上少年と父親、知り合いのおじさんの3人で、山の中や斜面に生えた木を掘り起こし、長い道のりを大八車で境内まで運び、植えたそうです。鎮守の森らしい境内を取り戻したのは昭和40年頃。種から育てたクスノキも今や72歳を迎えます。幹周り3メートルにまで成長して、境内いっぱいに葉を繁らせています。注連縄のある木はほとんどが当時、宮司さんたちが運んで植えた木。今も元気に育つ姿を見てください。

【この木に会いに行こう!】
路面電車「横川」下車、徒歩5分。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Japanese quince/Misasa Shrine 
1,850m from the hypocenter
botanical name:Chaenomeles speciosa
age:about 70 years old
height:1.5 m
address:1-11-5 Misasa-machi, Nishi-ku, Hiroshima city

This tree survived the atomic bombing of Hiroshima, about 1,850m from the hypocenter. The quince blooms in spring and bears fruit by summer. Mr,Nogami and his father had regained Chinju-no-Mori (Sacred Shrine Forest) 
★Let's go to see this tree !
5 minute walk from the Yokogawa station. There is this tree in Misasa shrine. There is other A-bombed tree, including a camphor tree.

IMG_1386_R.JPG

IMG_1356_R.JPG広島市登録の被爆樹木にはプレートがつけられています。

№42 宝勝院のツバキ in ヒロシマ

かつては5メートルの高さがあったツバキ、 
被爆の翌年芽生え、今も花を咲かせています 
A-bomebed Camellia in HIROSHIMA


IMG_0989_R.JPG 【被爆樹 花めぐり】 
The flowers in the atomic bomb-scorched earth. Let us go to see the Atomic Bombed flowers!

▼爆心地からの距離:1,820m
▼所在地:広島市中区白鳥九軒町12-4
▼ツバキ科・常緑高木 
▼樹齢約400~500年、樹高:2メートル 幹周り:5本立ち

【木の特ちょう―根元にウロがある】
樹齢400年以上という八重咲きの赤いツバキ。原爆によって、ツバキは根元近くまで燃え、黒焦げになりました。根元に大きなヤケドあとがあり、えぐれたようなウロになっていますが、翌年、ツバキは芽吹き、やがて花をつけるようになりました。今でも毎年、枝いっぱいに花をつけています。2017年4月撮影

IMG_1737_R.JPG 【被爆を伝える】
被爆直後、「70年間、草木も生えない」と新聞に記事が出て、当時のご住職と、16歳だった現名誉住職の國分良徳さん一家は、「もう広島で生きていけないのではないか」と四国の親戚を頼って、この地を離れることも考えていました。しかし、境内では早いうちにボダイジュの木が芽生え、畑では里芋も芽を出し、「大丈夫だ、ここで生きていける」とこの地でお寺を再建することを決めました。ボダイジュも広島市登録「被爆樹木」となっています。

【この木に会いに行こう!】
広島駅から徒歩約20分。路面電車「白島」駅から徒歩10分。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Camellia/in Hoshoin Temple
1,820m from the hypocenter
botanical name:Camellia japonica cv.
age:about 400-500 years old
height:2m
address:12-4 Hakushima-kukencho, Naka-ku, Hiroshima

This tree survived the atomic bombing of Hiroshima, about 1,820m from the hypocenter. 
Before the War, there were a tree in Hoshoin Temple. The Atomic bombed camellia put forth new shoots in the burnt-out ruins of the temple, encouraging people to have hope for the future. Mr.Kuniwake and his father rebuilt the temple in the same place.

★Let's go to see this tree !
20 minute walk from the Hiroshima station. There is this tree in Hoshoin Temple. There is other A-bombed trees, including a Bodaiju(Tilia miqueliana).
IMG_0996_R.JPG

№42 宝勝院のボダイジュ in ヒロシマ

被爆後、黒焦げのボダイジュは早いうちに芽吹き、 
多くの人に生きる希望を与えました 
A-bomebed Bohdi tree in HIROSHIMA

IMG_1764_R_R_R (2).JPG【あ、芽が出てる!】
Tiny green buds growing out of burnt trees

▼爆心地からの距離:1,820m/広島市中区白鳥九軒町12-4 境内
▼シナノキ科・落葉高木】
▼樹齢約300年、樹高:2.5mの親木は枯死し、現在、ヒコバエが生長している!

【木の特ちょう―ヒコバエが育つ】
戦前、境内には2本の兄弟ボダイジュが立っていました。被爆後、ボダイジュは早いうちに芽吹き、多くの人に生きる希望を与えました。当時、「70年間、草木も生えない」と新聞に記事が出て、もう広島で生きていけないのではないかと、宝勝院のご住職、國分一家は四国の親戚を頼ってこの地を離れることも考えていました。しかし、境内ではボダイジュが芽生え、畑では里芋も芽を出し、「大丈夫だ、ここで生きていける」とこの地でお寺を再建することを決めました。2015年4月撮影

【被爆を伝える】
1956(昭和31)年、1本を広島平和記念公園に寄贈。境内のボダイジュは2年前に枯死しましたが、同じ根から出たヒコバエが育っています。境内では「被爆ツバキ」も毎年花を咲かせています。

【この木に会いに行こう!】
広島駅から徒歩約20分。路面電車「白島」駅から徒歩10分。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Bohdi tree/in Hoshoin Temple
1,820m from the hypocenter
botanical name:Tilia Miqueliana
age:about 300 years old
height:2.5 m
address:12-4 Hakushima-kukencho, Naka-ku, Hiroshima

This tree survived the atomic bombing of Hiroshima, about 1,820m from the hypocenter. 
Before the War, there were two bohdi trees in Hoshoin Temple. The Atomic bombed bohdi trees put forth new shoots in the burnt-out ruins of the temple, encouraging people to have hope for the future. Mr.Kuniwake and his father rebuilt the temple in the same place. They donated one of trees to Hiroshima Peace Memorial Park in 1956. Although the bohdi tree in the temple died 2 years ago, and the trunk was weak, the new bohdi tree from the same root has grown.

★Let's go to see this tree ! 20 minute walk from the Hiroshima station. There is this tree in Hoshoin Temple. There is other A-bombed trees, including a camellia.The tree also bloom every year.

IMG_6899 Bohdi tane(3)_R.JPG被爆当時16歳だった名誉住職、國分さんから譲っていただいたボダイジュの種。プロペラのような羽根が特徴です

IMG_1800bohdi tree OYA_R_R_R.JPG
1  2  3  4  5  6