• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

最新情報

2019.7.22毎日新聞7/22付朝刊に掲載されました

【新聞掲載のお知らせ】
毎日新聞7月22日付朝刊に、知多市立中央図書館(愛知県)での講演会「原爆を生きのびたヒロシマの木」について、掲載してくださいました。 

0722「被爆樹木」講演.png


2019.7.27平和を考える講座「原爆を生きのびたヒロシマの木」in知多市立中央図書館(愛知)

1 IMG_2500_R.JPG【講演会のお知らせ】
平和を考える講座
「原爆を生きのびたヒロシマの木」
▼日時:7月27日(土)14:00~16:00
▼場所:知多市立中央図書館2F視聴覚学習室 
▼定員:50名
▼無料
詳細はこちらのPDF「20190727被爆樹木_愛知県知多市立中央図書館.pdf」をご覧ください。 
▼現在、図書館内では被爆樹木についての写真パネル展示を開催しています。9月1日まで。
※知多市立中央図書館ホームページ 
https://www.lib.city.chita.aichi.jp/viewer/info.html?idSubTop=1&id=524  

★写真:被爆によるヤケド痕を残す「縮景園のイチョウ」樹齢約200年

2019.7.16大田区立雪谷小学校で平和授業をしました

【平和授業の報告】
◎日程:2019年7月16日(火)
◎時間:4時限目 11時30分~12時15分
◎場所:大田区立雪谷小学校・図書室
◎対象:小学6年生のみなさん(約100人)

7月16日、大田区立雪谷小学校の6年生のみなさんに、「被爆樹木―原爆を生きのびたヒロシマの木」をテーマに平和授業をしました。学校司書のMurayamaさんから、「ゲスト・ティーチャーとして、原爆について話してくれませんか?」と声をかけていただき、2016年に始めて、今回で4回目になります。今年の秋には「平和」をテーマに調べ学習の発表をするというみなさん。74年前、原爆が投下された8月を前に、戦争、原爆について考えてほしいという先生方の願いから、呼んでいただいた平和学習の時間です。

広島、長崎のことだけでなく、東京大空襲を生きのびた大田区の木についても話しました。皆さんの身近な公園などに大きな木があったら、それは戦争を乗り越えた木かもしれません。1本の大きな木と出会ったとき、何年くらい生きているんだろう?と思い、おじいさんやおばあさんにお話を聴いてみる、そんな家族の歴史をふり返るきっかけになれば嬉しいですね。
授業の最後には何人かの生徒さんが感想を話してくださいました。しっかり心に受けとめましたよ。 
雪谷小学校6年生の皆さん、先生方、じっくりと聴いてくださって、ありがとうございました。 

※上写真:昨年11月の平和授業の様子。 
※下写真:新田神社のケヤキ。樹齢約700年。東京大空襲を生きのびた木として紹介。空襲による火災で大きな傷ができています

B4F1B831-E7A4-44EA-BB54-1E945DAF2A40_R.JPGD89BE2BC-7252-4A18-B147-57E36CA92B22_R.JPG
IMG_1872g_R.JPGIMG_1879g_R.JPG

2019.7.16ラジオ出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第25回スイレン

【ラジオ出演のお知らせ】 

月に1度、『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』(説話社刊)から季節の花を紹介しています。 
7月は、「スイレン(睡蓮)」です。

シンボルは、「純粋」。

水に浮かんで、美しい花を咲かせるスイレン。フランスの画家、モネが愛した花ですね。
泥の水の中から生えますが、泥=汚れや穢れたものに染まらないで、美しい花を咲かせることから、「魂の清らかさ」を象徴しています。シンボルにまつわるエピソードははるか遠い昔、古代エジプトから!・・・続きはラジオでどうぞ。
 
◎番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」&
      <もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分頃から。 

日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。

★動画ラジオ YouTubeでお聴きください。
第25回 2019年7月16日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=NT6Xgn_d9FY&t=16s 


★本の詳細はこちらからご覧ください。
『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』杉原梨江子著(説話社刊,2017)



2019.7【訂正の報告】『ゆほびかGOLD vol.43』正しい記事を配信中

『ゆほびかGOLD vol.43』で取材を受けた「浄化・お清めに役立つ植物」で誤った記事が掲載されました。植物名のまちがい、取材で答えたことと異なる文章など記事内容に不備が多々あります。『ゆほびか』編集部及びマキノ出版さんが訂正文と正しい記事PDFを出してくださいましたので、杉原梨江子の記事(30~33ページ)は下記のPDFを読んでくださいね。

日本で厄除けとして使われてきた節分のヒイラギ、香りで浄化するハーブ、西欧で聖なる木とされてきたモミやオリーブ、清らかな白い花など、古代から魔除け・厄除けとして信頼されていた植物を紹介しています。 
★マキノ出版ウェブサイト
https://www.makino-g.jp/news/n30576.html 
【PDFはyuhobika-gold43byRiekoSugihara.pdfをご覧ください】

IMG_4233kodakara(4).jpg
P16付録カード、P33掲載の写真は「はからめ(セイロンベンケイ)」ではなく「子宝弁慶草」の誤りです。魔除けの特徴、ギザギザの葉から芽が次々出てくる多肉植物。 
 
★Twitterで役立つ追加情報「魔除けの植物」を配信中!
こちらをクリック!】

1  2  3  4  5  6  7  8