• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

最新情報

2017.11.23長崎市立図書館トークイベント「被爆樹を知っていますか?」

長崎市立図書館主催
トークイベント】
「原爆を生きのびた木~被爆樹を知っていますか?」
 

ミニ写真展で紹介する広島の木と長崎の木の写真をお見せしながら、被爆した木々の特徴(ヤケド、ウロ、亀裂など)を解説。木を守っていらっしゃる被爆者の方々の被爆体験もお話しします。

▼日時:11月23日(木)10:30~12:00
▼場所:長崎市立図書館 2階閲覧席
    長崎市興善町1-1
▼講師:杉原梨江子(文筆家・『被爆樹巡礼』著者)
▼参加費:無料

※詳細はPDFをご覧ください ⇒ 【トーク】長崎市立図書館被爆樹イベント.pdf

【ミニ写真展】 
トークイベントの関連展示として、1階クロスロードにて、被爆樹の写真パネル展示を行っています。
会期:11月8日(水)~30日(木)※火曜休館


A92909C1-50AB-407E-8FAE-BDF7A82C6550_R (2).JPG 城山国民学校のカラスザンショウ(爆心地からの距離500メートル)

2017.11.8-30長崎市立図書館ミニ写真展「原爆を生きのびた木」

長崎市市立図書館 主催
【ミニ写真展】「原爆を生きのびた木~被爆樹を知っていますか?」 

原爆からよみがえり、今も生き続ける木「被爆樹(ひばくじゅ)」の写真パネル展示を行います。ヒロシマの木とともに、新たにナガサキの木を加えた展示です。 
被爆70年目の2015年、『被爆樹巡礼』を出版して以来続けている公立図書館などでの写真パネル展示「原爆を蘇ったヒロシマの木」。2017年夏は、千代田区立日比谷図書文化館、港区立麻布図書館、山梨県大月市立図書館などで行いました。今年の締めとして、<長崎市立図書館>で開催します。

2017年6月から「被爆樹巡礼 in ナガサキ」をスタートしましたが、長崎市では被爆樹のことはまだあまり知られていないようでした。そこで、「被爆樹を知っていますか?」と呼びかけるミニ写真展を企画。長崎市立図書館の司書の方々に相談したところ、ご協力してくださることとなり、開催の運びとなりました。
現在の木々の姿だけではなく、被爆当時の写真、被爆者が描いた原爆の絵などをまじえながら、「被爆樹」とは何か?「被爆樹」のそばで何が起こったのか? を伝えます。

<被爆樹木の定義>
原爆投下後に芽吹き、今も生き続けている木のこと。広島市では約2キロ以内に161本、長崎市では約4キロ以内に30か所の木が登録され、保護の対象となっている(2017年現在)。

▼会期:11月8日(火)〜11月30日(木)※火曜休館
▼時間:10時30分~20時
▼場所:長崎市立図書館 1階クロスロード
    長崎市興善町1-1
▼写真・解説:杉原梨江子
▼参加費:無料
 
展示連携【トークイベント】
▼日時:11月23日(木)10:30~12:00
▼場所:長崎市立図書館 2階閲覧席
▼参加費:無料
※詳細はPDGをご覧ください ⇒ 【トーク】長崎市立図書館被爆樹イベント.pdf


IMG_2787_R.BMP 福山雅治さんの歌「クスノキ」のモデルとなった山王神社のクスノキも、被爆後の写真とともに紹介します。(爆心地からの距離800メートル、樹齢500~600年)

2017.11.21 ラジオ出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第5回シクラメン

【ラジオ出演のお知らせ】 

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。
11月は「シクラメン」についてお話しします。シクラメンは昔、どんな名前で呼ばれていたか、知っていますか。なんと、「ぶたのまんじゅう」! 美しい花とあまりにかけ離れたシクラメンにまつわる話を中心に、1人の女性のエピソードも紹介しますよ。ぜひ、お聴きください。日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。

番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」&
      <もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
放送日:毎月・第3火曜日の19時35分頃から。 

★動画ラジオ YouTubeでお聴きください。
第5回シクラメン 2017年11月21日(火)放送
※アップ後、通知します。

20150101_110824シクラメン_R.jpg

2017.11.5上毛新聞社・第26期オピニオン委員に選ばれました

【新聞掲載のお知らせ】

上毛新聞社・第26期オピニオン委員に選出されました。
オピニオン委員とは、上毛新聞に毎日掲載される「視点・オピニオン21」に記事を書く人のこと。委員に選ばれた人は次のような役目を担います。
「さまざまな分野で活躍する方々に1年間、それぞれの立場から意見や提言を交代でしていただきます」。
上毛新聞は、あの山岳小説の名作『クライマーズ・ハイ』の舞台となった新聞社。書いたのは同新聞社の元記者で作家の横山秀夫氏ですね。ご縁があって、群馬県に住むことになり、この夏、前橋市のしんせい接骨院で開催した被爆樹展で取材をしてくださった記者K氏が推薦してくださいました。
第1回目の原稿はもちろん、「原爆から蘇ったヒロシマの木」について書かせていただきました。群馬県の人々にとって、<原爆>は遠い存在でしょう。1人でも多くの人にお伝えする機会を得たことを嬉しく思っています。
「視点・オピニオン21」の記事は、上毛新聞社ホームページでも公開されますので、掲載された日にはぜひ読んでください。まずは選出された54人を紹介する11月5日付の記事(一部)をご覧ください。 

上毛新聞11月5日(日)付12面
IMG_4776.JPGIMG_4780.JPG  

 

2017.10.17 ラジオ出演「ブック・アンソロジー〈もっと素敵にマイライフ〉」第4回コスモス

【ラジオ出演のお知らせ】 

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。
10月は「コスモス」についてお話しします。コスモスにまつわる1人の女性のエピソードを中心に。br />
番組名:エフエムふくやま・本の情報番組「ブック・アンソロジー」&
      <もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
放送日:毎月・第3火曜日の19時25分から。 
※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。

★動画ラジオ YouTubeでお聴きください。
第4回コスモス 2017年10月17日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=HniJQq2q9zI

1  2  3  4  5  6  7  8