• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

広島城のマルバヤナギ Willow in Hiroshima catsle

幹の中が空洞になっても、しっかりと立つヤナギの木
The inside of the stem of this willow became cavity by the atomic bombed.
740m from the hypocenter

sricho1,08.8.2 331maruhayanagi1.jpgsricho1,08.8.2 340maruhayanagi2.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:ヤナギ(ヤナギ科)落葉高木
学名:Salix chaenomeloides
爆心地からの距離:740メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:5.5メートル 
◎幹周り:3.4メートル
◎所在地:広島県中区基町21 広島城二の丸跡
◎会いに行くには:広島駅から路面電車に乗り、「紙屋町東」下車、徒歩15分
(2008年8月撮影)

広島城の二の丸跡、お堀のそばに立っているマルバヤナギ。細長い葉をしたシダレヤナギと違い、葉が丸いことからこの名前がつけられています。原爆投下後、幹の中が燃え尽きたのか、樹皮だけを残し、内側は空洞になりました。樹木医によって治療が施され、現在まで元気に育っています。このヤナギ、根は平地に張っているのだが、幹を傾け、枝の一部をお堀の石塀から身をのり出さんばかりにしています。その姿を見ていると、想像を絶するほどの熱い熱線を浴び、どれほど水を欲したか、どれほど喉が渇いたことでしょうか? 葉の色が暗いせいか、このマルバヤナギは他の被爆樹に比べても、悲しみをずっしりと背負い続けているように見えます。孤独に立つ木の心が伝わってきて、切なくなるのは私だけでしょうか。訪れた夏、赤い小さな芽が出ていたことが救いでした。木々の芽吹きによって、ほんの小さな一歩でも未来の希望を感じた、当時の人々を思いました。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:willow
botanical name:Salix chaenomeloides
740m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:5.5m
◎surroundings:3.4m
◎address:Hiroshima catsle ninomaru trace,Motomachi 21,Hiroshima city
◎In tram from Hiroshima Station, "Kamiyacho east" get off, 15-minute walk.
(photographing date:Aug,2008)

This willow is standing in very close from the hypocenter.Because Hiroshima was burned by the atomic bomb,the inside of the stem of willow became cavity.And yet the tree is standing steadily on the same place.70 years ago, it had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years".So when people saw new buds sprouting,they were encouraged and were able to have hope for their future.
sricho1,08.8.2 337maruhayanagi3.jpg