• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

市営住宅の中に立つクスノキ Camphor in Hiroshima

生きる希望を託す、再生の樹
This camphor tree is standing in the residential area.
1,010m from the hypocenter

  sIMG_4871.jpgsIMG_4899.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:クスノキ(クスノキ科)落葉高木
学名:Cinnamomum camphora
爆心地からの距離:1,010メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:12メートル 
◎幹周り:4.7メートル
◎所在地:広島県中区基町16 市営住宅南西側駐車場
◎会いに行くには:原爆ドームから徒歩5分(2008年8月撮影)

太田川が流れる河原のそば、住宅街の中に立つクスノキ。この木がかつて、枯れ木同然となったことを想像するのは難しい。しかし、1945年8月6日、朝8時15分、原爆投下。爆心地から約1キロの住宅地の中に立っていたクスノキは瞬時に焼かれ、幹は根元近くまでを失い、黒焦げの無残な姿となった。表面温度摂氏約3000~4000度の熱線と放射能が地上を襲ったのだ。そのとき、人は......。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:Camphor
botanical name:Cinnamomum camphora
1,010m from the hypocenter

◎age:? years old
◎height:12m
◎surroundings:4.7m
◎address:Motomachi 16,Hiroshima city/1010m from the hypocenter
◎20minute walk from the A-bomb Dome. (photographing date:Aug,2008)

Near the Oota River , this camphor tree is standing in the residential area. I can not think that this tree was in the atomic bomb. At 8:15 a.m, August 6,1945,This Camphor was burned by the blazing heat of the atomic bomb.So this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair.


sIMG_4905.jpgsIMG_4866.jpg