• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

五島・樫の浦のアコウ Ficus in ナガサキ

長崎一の大きさを誇る奇樹アコウ
木の中にとりこまれていきそうな異空間へ・・・ 
"AKOU" Banyan Tree of Kashinoura in Nagasaki


IMG_6805_R (2).JPG DATA of TREE
▽樹種:アコウ(クワ科・常緑高木) 
▽学名:Ficus superba
▽樹齢:不明
▽樹高:約10m/根周り:約15m
▽所在地:長崎県五島市平蔵町1570
※県指定天然記念物(昭和27年2月13日指定) 
 
【木の特徴】
小さな港のすぐそばを山のほうへと進むと、まさに"神宿る"存在として立っています。海と、海を生きる人々を見守るかのような威風堂々たる姿。木の横にある小道を通って、木の裏手にまわると、そこは人間が入り込んではいけないような異空間が広がっていました。クワ科の大樹ならではの気根が無数に垂れ下がり、1本1本が生き物のように蠢いている・・・と目を疑ってしまう。いつものように気持ちよさそうな空間を見つけ、寄りかかると、あ、アコウの木霊(こだま)が私を・・・。

ああ、木の中にとりこまれてしまう・・・。もしも、1人でここに来ていたら、私はこの木の一部となっていたでしょう。木に寄りかかったまま、一歩も動けないで、ずずーっと気根に巻かれて、垂れ下がる気根と気根の間、その内側へ、奥深くへ、ぐいぐいと体が吸い込まれていくような・・・。
神さまの木、アコウ。この木と出会うために、ご神木や巨樹を巡ってきたような・・・気がしています。(2017年11月27日撮影) 

【アコウ】中国南部から台湾・南西諸島を歴て、九州・四国・本州の暖地に分布する、クワ科の常緑高木。長崎県内では島原半島・長崎半島・西彼杵半島の沿海暖地、五島各地、平戸島から北松浦郡の鷹島、壱岐に、アコウの大樹を見ることができます。その中でも、この「樫の浦のアコウ」は長崎一といわれるほどの大きさを誇っています。根周りは15メートルを越え、樹高は10メートル以上、東西南北へ30メートル以上も枝を張っています。枝はさらに分岐して、枝々からは大小の気根が垂れ下がり、異形の姿をしています。大きい気根だけでも約100本。そのうち、長い気根は地面に達して根づき、支柱根となって、四方八方へと広がる枝を支えています。根元に祀られているのはご水神さま。

【歴史を伝える】
五島・教会めぐりをする途中で寄るといいでしょう。「樫の浦のアコウ」から最も近いのは堂崎教会(写真)。赤レンガ造りのゴシック様式の建築が特徴です。教会内部では布教時代から迫害を経て、現在に至る信仰の歴史が展示されています。絵画は必見。キリスト教によって救われる絵のそばに、信仰を捨てれば地獄に連れて行かれる絵では閻魔大王らしき人物が描かれるなど、日本古来の思想がキリスト教の絵画に取り入れられ、日本での布教の難しさを垣間見ることができます。私は宮原教会、半泊教会(私のベスト1)を経て、三井楽教会~玉之浦教会へ主要な教会を巡りました。

【この木に会いに行こう!】
長崎港からフェリーで福江港へ。下船後、車で約20分。

IMG_6812 (2)_R.JPGIMG_6838_R.JPG IMG_6823_R (2).JPGIMG_6817_R.JPG

新上五島・奈良尾神社のあこう樹 Ficus in ナガサキ

長崎・五島のご神木「あこう樹」
根と根との間をくぐると、長生き、元気! 
"AKOU" Banyan Tree of Shinkamigotou in Nagasaki

IMG_6596_R (2).JPG  
DATA of TREE
▽樹種:アコウ(クワ科・常緑高木) 
▽学名:Ficus superba
▽樹齢:約650年
▽樹高:約25m/幹周り:約12m
▽所在地:長崎県・新上五島町奈良尾郷333(五島の1つ)
※国指定天然記念物(昭和36年4月27日指定) 

【木の特徴】
このあこうの下、くぐりたかった! 長崎港からフェリーで五島の1つ、新上五島(しんかみごとう)へ。奈良尾港から徒歩15分ほど歩いて、「奈良尾神社」到着。石造りの鳥居をくぐると、また鳥居!? あこうの根が二股に分かれ、その根と根との間を通って境内に入るようになっています。樹齢650年以上の大樹、おそらく鳥居が立つ前からこの木は立っていたでしょう。この木の下をくぐった人は"長生きできる"と言われています。両手をぐーっと上に伸ばすと、確かに、あこうのエネルギーをカラダいっぱいに受けて、確かに長生きの力をいただいたみたいです。。(2017年11月26日撮影)

【歴史を伝える】
新上五島町は五島列島の中程に位置しています。あこう樹の周囲には、中ノ浦教会、若松・大浦教会、福見教会、高井旅教会などの教会があり、タクシーで2時間くらいでまわれます。これらの教会は頭ヶ島天主堂とともに、「五島を世界文化遺産の島に」という呼びかけの"潜伏キリシタン関連遺産"のひとつです。

【この木に会いに行こう!】
長崎港からフェリーで奈良尾港で下船。徒歩約15分。

 IMG_6382_R (2).JPG
この木のそばに2時間くらいいたでしょうか。途中、宮司さんがお茶を出してくださって、嬉しくて♪ 境内に立つイチョウのご神木も今がいちばん美しい時期。「ぜひ、イチョウも見て行ってください!」と言われて、境内にあるベンチに座っておしゃべり。金色の葉がはらはらと舞う中、いただいたお茶は、宮司さんの気持ちも嬉しく、心も体もほっとあたたまる時間でした。 IMG_6392_R.JPGIMG_6628_R (2).JPG











境内には小さな丸テーブルとベンチがあります。「どうぞ、ゆっくりしていってください」と宮司さん。

被爆樹木・浦上第一病院のタイサンボク in ナガサキ

幹に熱線で焦げた痕を残しながら 
毎年初夏になると、白い大輪の花を咲かせます    
A-bomebed Magnolia in NAGASAKI

IMG_4953_R.JPGIMG_4968_R.JPG  

















▼爆心地からの距離:1,400メートル 
▼モクレン科・常緑高木
▼樹齢:70年以上
▼樹高:?m/幹周り:?m
▼所在地:長崎市小峰町9-20 聖フランシスコ病院敷地内
▼Aランク(※) 

【木の特徴―焦げた痕】
爆心地側の幹の中央が焦げ、タテ2メートルの線状になっています。この傷は熱線のためと考えられています。毎年、白い花を咲かせています。

【被爆を伝える ―浦上第一病院】
爆心地から北東へ約1.4キロの小高い丘の上に立つ浦上第一病院(現・聖フランシスコ病院)。戦前は赤いレンガの鉄筋コンクリート3階建てでした。爆風により建物は大破し、そのあと起きた火災で内部も焼けて外郭だけになりました。病院の再建が始まると、木造の仮診療所や宿舎が建っていくのをタイサンボクは見ていたでしょうか。現在ある病院本館の建築のとき、職員から「被爆の生き証人を残そう」という声があがり、タイサンボクは伐採されることなく、この地に残されることになりました。

【この木に会いに行こう!】
県営バス「本原」経由で「フランシスコ病院前」下車、徒歩1分。聖フランシスコ病院の裏手、駐車場に立っています。花の見頃は5月。

※解説:Aランクの被爆樹木とは?
原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)
IMG_4955_R.JPG
≪DATA of A-Bombed Trees≫
Evergreen magnolia/The Urakami First Hospital(The St. Francisco Hospital1)
About 1400m from the hypocenter
botanical name:Magnolia grandiflora
age: ? years old
height:? m.
surroundings:?m
address:9-20 Komine-cho Nagasaki city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 1400m from the hypocenter. The tree is standing in the St. Francisco Hospital. June,2017 Shooting  

★Let's go to see this tree !
About 1 minute walk from bus stop" the front of the St. Francisco Hospital"

IMG_4965_R.JPGIMG_4975_R.JPG 


 

被爆樹木・若竹町森田隆宅の柿の木 in ナガサキ

根元に大きな傷を残して、秋には実をつけます 
個人宅の門の前に立っています   
A-bomebed Persimmon in NAGASAKI

IMG_3211_R.JPG ▼爆心地からの距離:2,300メートル
▼カキノキ科・落葉高木
▼樹齢:70年以上
▼樹高:5m/幹周り:2.2m
▼所在地:長崎市若竹町 個人宅の玄関前
▼Aランク

【木の特徴―根元に傷】
長崎市登録「被爆樹木」には個人宅の木も多く含まれています。ここが広島市との違いですね。広島で登録が認められるのは寺社・仏閣や学校など公の場に立つ木です。森田さんの柿の木は、根元に大きな傷あとがあることが特徴です。ウロに痛々しい治療のあとがあります。森田さんの話では「もっと大きい木だった。原爆と虫食いで小さくなった」という。現在でも葉はよく繁るが、柿の実はなっても落ちるのが早いそうです。
※参考文献:『長崎被爆50周年事業 被爆建造物の記録 植物』(長崎市)

【この木に会いに行こう!】
JR長崎駅から路面電車「赤迫(あかさこ)」行で、終点下車。徒歩10分。

【解説】Aランク:原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

≪DATA of A-Bombed Trees≫
The Japanese Persimmon/Mr. Morita's tree 2300m from the hypocenter
botanical name:Diospyros kaki
age: 70 years old
height:? m.
surroundings:?m
address:Wakatake-cho,Nagasaki city/
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 2300m from the hypocenter. The tree is standing in front of entrance in the Morita's house.June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
10 minutes walk from the Akasako station.

被爆樹木・住吉神社のクスノキ in ナガサキ

原爆を生きのびた、住吉さんのシンボル
幹のまわりをぐるりと絵馬が囲んでいます    
A-bomebed Campher tree in NAGASAKI

IMG_3223_R.JPG ▼爆心地からの距離:2,100メートル
▼クスノキ科・落葉高木
▼樹齢:約300年
▼樹高:?m/幹周り:?m
▼所在地:長崎市住吉町13-6
▼Cランク 

【木の特徴―爆心側に傷あと】
住吉神社の拝殿の前に立つクスノキのご神木。原爆投下によって、幹を残して、枝葉は吹き飛ばされました。爆心側の幹に被爆の影響と思われる傷あとがあります。幹の周囲にぐるりと絵馬が飾られ、この木が大切にされていることが伝わってきます。

【被爆を伝える 一被爆狛犬】
被爆した狛犬がいます。ところどころが欠け、爆風のすざまじさを現代まで伝えています。

【この木に会いに行こう!】
JR長崎駅から路面電車「赤迫(あかさこ)」行で、「住吉」電停前で下車。徒歩3分。この辺りの地名「住吉」は住吉神社があるのが由縁。祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)から御霊分けされたお稲荷さん、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)も祀られています。

【解説】Cランク:被爆当時の木ではあるが、被爆のこん跡が希薄であり、社会的な関連も希薄なもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

≪DATA of A-Bombed Trees≫
The Camphor tree/the Nagasaki University School 2,100m from the hypocenter
botanical name:Cinnamomum camphora
age: about 300 years old
height:? m.
surroundings:?m
address:13-6 Sumiyoshi-cho,Nagasaki city

This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 2100m from the hypocenter. The tree is standing in the Sumiyoshi-jinja shrine. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
5 minute walk from the Sumiyodhi station.

1  2  3