• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

被爆樹木・淵(ふち)神社のクスノキ in ナガサキ

福山雅治さんの「桜坂」が流れる神社 
爆心地のほうへ傾いて立っています   
A-bomebed Campher tree in NAGASAKI

IMG_3011_R.JPG ▼爆心地からの距離:1,700メートル
▼クスノキ科・落葉高木
▼樹齢不明
▼樹高:?m/幹周り:?m
▼所在地:長崎市渕町8-1 淵神社境内
▼Bランク

【木の特徴―幹の傾斜】
被爆樹木にはいくつかの特徴がありますが、<幹が爆心地のほうへ傾いている>ことも、その1つ。2015年、広島の研究チームが調査に訪れ、このクスノキも幹が爆心地のほうへ傾いていることがわかりました。広島市登録の被爆樹木56本(移植されていない木)で調査し、2014(平成26)年、論文発表したチームによるものです。傾く理由として、爆心地側とその反対側とでは生長の度合いが異なるため。被爆した側は傷つき、生長が遅い一方で、反対側は枝や根の生育がよかったり、幹が肥大する傾向にあります。その影響で、被爆した側が押されて、長い歳月を経るうちに、幹が徐々に曲がっていったのではないかとされています。
※参考文献:論文「広島市における被爆樹木が爆心地との位置関係において示す樹形異常」(大脇なぎさ、鈴木雅和、堀口力著 平成26年度日本造園学会全国大会研究発表論文集32)

【被爆を伝える ―山も被爆】
約400年前、宝珠山万福寺の鎮守社として弁財天が祀られたことを起源とする渕神社。1945年8月9日11時2分、原爆により本殿が倒壊。1960年に再建されました。このクスノキは幹を残し、被爆。山も被爆しましたが、除染も何もされず、人為的な手の入らない状態で、現在の緑繁る山を取り戻しています。この神社は、幕末から明治を生きた実業家、岩崎弥太郎(1835-1885)が、創業した会社、三菱の安全祈願を毎年行ったと伝えられています。また、福山雅治さんが通った幼稚園があり、境内には「桜坂」の曲が流れています。この神社の「福守り」は福山さんファン必携とか。

【この木に会いに行こう!】
神社は稲佐山のふもとにあり、長崎ロープウェー渕神社駅に隣接。長崎駅から3番、4番系統に乗車、「ロープウェイ前」下車、徒歩2分。または、路面電車「茂里町」電停下車、徒歩約15分。

【解説】Bランク:原爆により何らかの影響を受け、<こん跡>が認められるもの、または、こn跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

≪DATA of A-Bombed Trees≫
The Camphor tree/The Fuchi-jinja shrine 1700m from the hypocenter
botanical name:Cinnamomum camphora
age: ? years old
height:? m.
surroundings:?m
address:Nagasaki city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 1700m from the hypocenter. The tree is standing in The Fuchi-jinja shrine. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
15 minutes walk from the Morimachi station.


被爆樹木・原爆資料館の淀川ツツジ in ナガサキ

家族の形見として大切に育てられた松 
被爆40年目の年、長崎市に寄贈されました   
A-bomebed Azarea in NAGASAKI


IMG_2940_R.JPG ▼爆心地からの距離:1,100メートル
▼ツツジ科・常緑低木
▼樹齢:70年以上
▼樹高:?m. 幹周り:?m
▼所在地:長崎市平野町7-8
▼Aランク

【木の特徴―幹に傷あと、移植】
被爆40年目の昭和60年10月4日、長崎市木原町の造園業、池田操氏が長崎市に寄贈したツツジ。池田氏の家の周辺は竹林、庭の木のほとんどが立ち枯れた状態でしたが、このツツジと松、柿など数本が生き残りました。ツツジは幹に被爆の傷痕がありますが、毎年、ピンク色の花を咲かせます。

【被爆を伝える 一家族全員が死亡】
池田操さんとともに語り継ぎたいツツジです。昭和21年1月、中国大陸から復員してみると、家族全員が亡くなっていました。実母、愛する妻と生後8か月の長男ら家族5人。家族みんなで優しい色の花を楽しんだ時もあったことでしょう。戦後、どんな思いでこのツツジを育て続けられたか、もう聴くことはできませんが、1人の男性の家族への思いが込められたツツジです。

【この木に会いに行こう!】
JR長崎駅から路面電車「赤迫(あかさこ)」行で「浜口町」電停下車、徒歩約5分 。原爆資料館の庭園内。 

【解説】Aランク:原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)


≪DATA of A-Bombed Trees≫
The Azarea/Nagasaki City - Peace & Atomic Bomb Museum
1100m from the hypocenter
botanical name:Rhododendron
age: 70 years old over
height:? m.
surroundings:?m
address:7-8 Hirano-cho Nagasaki-city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 1100m from the hypocenter. The tree is standing in the garden of the Peace & Atomic Bomb Museum. There are other A-bombed trees, including a Japanese White Pine. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
5 minute walk from the Hamaguchi-cho station.




被爆樹木・原爆資料館の五葉松 in ナガサキ

家族の形見として大切に育てられた松 
被爆40年目の昭和60年、長崎市に寄贈されました   
A-bomebed White Pine in NAGASAKI


IMG_2938_R.JPGのサムネイル画像 ▼爆心地からの距離:1,100メートル
▼マツ科・常緑高木
▼樹齢:89年
▼樹高:?m. 幹周り:?m
▼所在地:長崎市平野町7-8
▼Aランク 

【木の特徴―移植】
被爆樹木の中には、被爆した場所から移植された木も多くあります。この松は爆心地から約1.1kmの民家で被爆。近くの竹林や庭の柿などの高木が立ち枯れる中で、当時樹齢17年の松は奇跡的に生き延びました。被爆40年目の昭和60年、長崎市内の造園業、池田操(みさお)さんが長崎市に寄贈されました。今も緑生き生きと生きています。

【被爆を伝える―家族への思い】
池田さんは中国・上海で兵役に従事していたため、被爆を免れました。しかし、昭和21年1月、中国大陸から復員してみると、家族全員が亡くなっていました。実母、愛する妻と生後8か月の長男ら家族5人。池田さんは、原爆で失った家族の形見として大切に育てられていましたが、「被爆者同様に原爆に耐え、生き抜いたこの松を多くの人に見てもらいたい」と寄贈されました。松のとなりには、同じく池田さんが寄贈されたツツジが立ち、毎年ピンク色の花を咲かせています。
※参考資料:五葉松そばの記念石、『被爆建造物等の記録 植物』(長崎市,平成8年3月25日発行)

【この木に会いに行こう!】
JR長崎駅から路面電車「赤迫(あかさこ)」行で「浜口町」電停下車、徒歩約5分 。原爆資料館の庭園内。

【解説】Aランク:原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Japanese White Pine/Nagasaki City - Peace & Atomic Bomb Museum
1100m from the hypocenter
botanical name:Pinus parviflora
age: 70 years old over
height:? m.
surroundings:?m
address:7-8 Hirano-cho Nagasaki-city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 1100m from the hypocenter. The tree is standing in the garden of the Peace & Atomic Bomb Museum. There are other A-bombed trees, including a Azarea. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
5 minute walk from the Hamaguchi-cho station.

14CC5CB3-EB7A-4C48-B710-AB8778594974_R.JPG五葉松の根元にある記念石。


被爆樹木・福済寺のソテツ in ナガサキ

原爆が投下され、2日間燃え続けたお寺です 
何事もなかったように、ソテツはぐんぐん伸びています   
A-bomebed Sago Palm in NAGASAKI


IMG_2989_R.JPG
▼爆心地からの距離:2,400メートル 
▼ソテツ科・常緑高木
▼樹齢不明 樹高:?m. 幹周り:?m
▼所在地:長崎市筑後町2-56 
▼Bランク

【木の特徴―無言のまま立つ】
被爆を受けたとは思えないほど、生き生きと、元気に伸びるソテツ。この木について、「当時のことは何もわからないんです」とご住職のMさん。6月、広島市の担当者が調査に来るまで、この木が被爆樹木だということもご存じなかったそう。「物心ついたときには、今くらいの大きさに育っていました」と。原爆の傷あとも見当たらない。何事もなかったように立つソテツである。

【被爆を伝える―2日間燃え続けたお寺】
福済寺は寛永5年(1628)の創建。中国文化を語る長崎の代表的な文化財でした。しかし1945年8月9日11時2分、原爆投下により、大雄宝殿(本堂)、鐘鼓楼、山門、宝物一切がことごとく焼失しました。火災が起きたのは午後からだったと想定されており、2日間燃え続け、長崎市内で最後まで燃えていたと伝えられています。現在では原爆被災者と戦没者の冥福を祈って建てられた「万国霊廟長崎観音」と神亀が街を見下ろしています。興福寺、聖福寺、崇福寺の「三福寺」と併せて「長崎四福寺」と呼ばれる黄檗宗の由緒あるお寺です。

【この木に会いに行こう!】
JR長崎駅から徒歩約10分。 

【解説】Bランク:原爆により何らかの影響を受け、<こん跡>が認められるもの、または、こn跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

78CFBFBB-1027-45D6-A325-9F5D7B07E27A_R.JPG ≪DATA of A-Bombed Trees≫
The Japanese Sago Palm/Fukusai-ji Temple 2400m from the hypocenter
botanical name:Japanese Sago Palm
age: 70 years old over
height:? m.
surroundings:?m
address:Chikgo-machi Nagasaki city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 2400m from the hypocenter. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree ! 
About 10 minute walk from the Nagasaki station.
422CB07A-5921-4B84-804C-1845E7C0DF1F_R.JPG

被爆樹木・城山国民学校の双子クス in ナガサキ

原爆投下後、幹から出た2本の芽が育ち、 
二股に分かれて立つ、ふたごのクスノキ   
A-bomebed Campher tree in NAGASAKI


IMG_2968_R (2).JPG 「城山国民学校の双子クス」
▼爆心地からの距離:500メートル
▼クスノキ科・落葉高木
▼樹齢不明 樹高:?m. 幹周り:?m
▼所在地:長崎市城山町23-1
▼Aランク 
 
【木の特徴―2本の株立ち】
爆心地からわずか500メートルに位置する城山小学校の平和坂入口に立つ被爆樹木です。原爆で朽ち果てたと思われた木の両脇から、2本の小さな芽が出てきて、それがここまで大きく成長しました。根元は雑草で覆われていますが、よく見ると、根元から幹が二股に分かれ、伸びています。この姿から、子どもたちに「ふたごくず」と呼ばれ、親しまれています。

【被爆を伝える 一城山平和祈念館】
1945年8月9日は11時2分、原子爆弾が炸裂(さくれつ)。城山国民学校は壊滅しました。1400余名の児童、28名の教職員が亡くなりました。敷地内にある木々はなぎ倒され、焼け野原になりました。被爆後も教室として使われていた校舎を被爆遺構として1999年2月に改築。現在は、被爆時の遺物などを展示する資料館になっています。

【この木に会いに行こう!】
路面電車で「松山」電停前で下車。徒歩10分。

【解説】Aランク:原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Campher tree/The Shiroyama Elementary School 500m from the hypocenter
botanical name:Cinnamomum camphora
age: ? years old
height:? m.
surroundings:?m
address:Nagasaki city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 500m from the hypocenter. The tree is standing in the Shiroyama Elementary School. There are other A-bombed trees, including a Japanese Prickly Ash. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
10 minute walk from the Matsuyama station.


前の5件1  2  3