• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

被爆樹木・城山国民学校の双子クス in ナガサキ

原爆投下後、幹から出た2本の芽が育ち、 
二股に分かれて立つ、ふたごのクスノキ   
A-bomebed Campher tree in NAGASAKI


IMG_2968_R (2).JPG 「城山国民学校の双子クス」
▼爆心地からの距離:500メートル
▼クスノキ科・落葉高木
▼樹齢不明 樹高:?m. 幹周り:?m
▼所在地:長崎市城山町23-1
▼Aランク 
 
【木の特徴―2本の株立ち】
爆心地からわずか500メートルに位置する城山小学校の平和坂入口に立つ被爆樹木です。原爆で朽ち果てたと思われた木の両脇から、2本の小さな芽が出てきて、それがここまで大きく成長しました。根元は雑草で覆われていますが、よく見ると、根元から幹が二股に分かれ、伸びています。この姿から、子どもたちに「ふたごくず」と呼ばれ、親しまれています。

【被爆を伝える 一城山平和祈念館】
1945年8月9日は11時2分、原子爆弾が炸裂(さくれつ)。城山国民学校は壊滅しました。1400余名の児童、28名の教職員が亡くなりました。敷地内にある木々はなぎ倒され、焼け野原になりました。被爆後も教室として使われていた校舎を被爆遺構として1999年2月に改築。現在は、被爆時の遺物などを展示する資料館になっています。

【この木に会いに行こう!】
路面電車で「松山」電停前で下車。徒歩10分。

【解説】Aランク:原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Campher tree/The Shiroyama Elementary School 500m from the hypocenter
botanical name:Cinnamomum camphora
age: ? years old
height:? m.
surroundings:?m
address:Nagasaki city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 500m from the hypocenter. The tree is standing in the Shiroyama Elementary School. There are other A-bombed trees, including a Japanese Prickly Ash. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
10 minute walk from the Matsuyama station.


被爆樹木・城山小学校のカラスザンショウ in ナガサキ

もう枯れてしまった被爆樹木ですが、 
被爆の継承のため、保存されています。   
A-bomebed Prickly Ash in NAGASAKI


A92909C1-50AB-407E-8FAE-BDF7A82C6550_R (2).JPG
▼爆心地からの距離:500メートル
▼ミカン科・落葉高木
▼樹齢 ? 年
▼樹高:? m 幹周り:? m
▼所在地:長崎市城山町23-1
▼Aランク 

【木の特徴―枯死してなお、保存されている】
爆心地からわずか500メートルに位置する小高い丘の上にある城山小学校の被爆樹木です。1945年8月9日11時2分、原子爆弾が炸裂(さくれつ)。城山国民学校の敷地内にある木々はなぎ倒され、焼け野原となりました。このカラスザンショウも被爆しましたが、生き延び、そばに立つムクノキに寄りかかりながら生きていました。残念ながら、2016年7月に枯死が確認されました。しかし、被爆の継承のため、保存措置が施され、被爆の傷跡を残す姿で残されています。被爆したカラスザンショウのほか、双子クスノキもあります。

【被爆を伝える 一城山平和祈念館】
原爆によって、1400余名の児童、28名の教職員が亡くなりました。被爆後も教室として使われていた校舎を被爆遺構として1999年2月に改築。現在は、被爆時の遺物などを展示する資料館になっています。

【この木に会いに行こう!】
路面電車で「松山」電停前で下車。徒歩10分。

【解説】Aランク:原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

≪DATA of A-Bombed Trees≫
The Japanese Prickly Ash/The Shiroyama Elementary Schook 500m from the hypocenter botanical name:Japanese Prickly Ash
age: ? years old
height:? m.
surroundings:?m
address:Nagasaki city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 500m from the hypocenter. The tree is standing in the Shiroyama Elementary School. There are other A-bombed trees, including a Camphor tree June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
10 minute walk from the Matsuyama station.

IMG_2980_R.JPG


被爆樹木・山王神社のクスノキ in ナガサキ

長崎原爆から蘇った「被爆樹木」のシンボル 
山王神社のクスノキ   
A-bomebed Camphor tree in NAGASAKI


IMG_2787_R.BMP ▼爆心地からの距離:800メートル
▼クスノキ科・落葉高木
▼樹齢500〜600年
▼樹高:21m/17.6m. 幹周り:8m/6m
▼所在地:長崎市坂本2―6―56
▼Aランク 

【木の特徴-ウロがある】
山王神社には2本のクスノキが立ち、夫婦楠として地元の人々に親しまれています。宮司さんいよると、「昔はもっと大きくて、境内に広い影を作るほどでした」。1945年8月9日11時2分、長崎市に原子爆弾投下。強烈な爆風と熱線によって、枝も葉も吹き飛び、幹は途中から折れて、黒焦げになりました。被爆直後の様子が写真(林重男氏)が残っています。幹にできた穴の中には石がゴロゴロと入っていました。木のそばにある階段を上ると、穴を覗けるようになっています。

【被爆を伝える 一本柱鳥居】
参道にある二の鳥居は、1本だけで立つ「一本柱鳥居」。爆心地側の左半分が吹き飛ばされたが、右側は残り、根元には折り鶴が捧げられています。

【解説】Aランク:原爆の熱線、爆風及び放射線により破壊、または著しく影響を受け、原爆のすさまじさを感じさせる<こん跡>のあるもの、著しいこん跡は認められないが、当時の社会的状況をとくに強く示唆するもの。(「長崎市被爆建造物等の取り扱い基準」保存対象のランク付けの基準より抜粋)

IMG_2827_R.JPG

【この木に会いに行こう!】
路面電車で浦上駅前で下車。徒歩10分。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Camphor tree/The Sannou-Jinja Shrine 800m from the hypocenter
botanical name:Cinnamomum camphora
age: 500-600 years old
height:21m/17.6m.
surroundings:8m/6m
address:2―6―56 Sakamoto,Nagasaki city

The trees survived the atomic bombing of Nagasaki, about 800 m from the hypocenter. Two trees are standing in the Sannou-jinja shrine. June,2017 Shooting

★Let's go to see this tree !
15 minute walk from the Uragami station.

IMG_3143_R.BMP



対馬 琴の大イチョウ Gingko in Nagasaki

木のなかで眠るという
神秘的な時間を過ごしたい

s-RIMG3189kin yoko2.jpgs-8RIMG3165kin yoko1.jpgs-9RIMG3198Gingko all.jpgs-6RIMG3186kin blue.jpgs-RIMG3192大銀杏の中で寝る.jpgs-RIMG3190kin shinme.jpg


日本列島と朝鮮半島とのちょうど真ん中に位置する小さな島、対馬。ここに日本最古といわれる不思議な大イチョウがあります。幹の内側がごっそりとなく、周りの樹皮だけで立っているのです。江戸時代に雷が落ち、現在の形になったそうです。まるで木の洞窟。中に入ると、焼け焦げた跡や折れた枝があり痛々しいですが、裂け目から上を見上げると樹冠が空いっぱいに広がっています。時々、焼け跡がふわっと青白く輝き、なんともいえず神秘的な光を放っています。身も心もすっぽりと包んでくれる安らぎを感じました。少々遠いのが難点ですが、対馬への旅の機会がありましたらぜひ。

◎樹種/イチョウ(イチョウ科)
◎樹齢/約1500年
◎樹高/約40m
◎幹周り/約12.5m
◎所在地/長崎県対馬市上対馬琴
(2006年6月現在)

前の5件1  2  3