• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

原爆資料館の五葉松 in ナガサキ

家族の形見として大切に育てられた松 
被爆40年目の昭和60年、長崎市に寄贈されました   
A-bomebed White Pine in NAGASAKI


IMG_2938_R.JPGのサムネイル画像 ▼爆心地からの距離:1,100メートル
▼マツ科・常緑高木
▼樹齢:89年
▼樹高:?m. 幹周り:?m
▼所在地:長崎市平野町7-8

【木の特徴―移植】
被爆樹木の中には、被爆した場所から移植された木も多くあります。この松は爆心地から約1.1kmの民家で被爆。近くの竹林や庭の柿などの高木が立ち枯れる中で、当時樹齢17年の松は奇跡的に生き延びました。被爆40年目の昭和60年、長崎市内の造園業、池田操(みさお)さんが長崎市に寄贈されました。今も緑生き生きと生きています。

【被爆を伝える―家族への思い】
池田さんは中国・上海で兵役に従事していたため、被爆を免れました。しかし、昭和21年1月、中国大陸から復員してみると、家族全員が亡くなっていました。実母、愛する妻と生後8か月の長男ら家族5人。池田さんは、原爆で失った家族の形見として大切に育てられていましたが、「被爆者同様に原爆に耐え、生き抜いたこの松を多くの人に見てもらいたい」と寄贈されました。松のとなりには、同じく池田さんが寄贈されたツツジが立ち、毎年ピンク色の花を咲かせています。
※参考資料:五葉松そばの記念石、『被爆建造物等の記録 植物』(長崎市,平成8年3月25日発行)

【この木に会いに行こう!】
JR長崎駅から路面電車「赤迫(あかさこ)」行で「浜口町」電停下車、徒歩約5分 。原爆資料館の庭園内。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
Japanese White Pine/Nagasaki City - Peace & Atomic Bomb Museum
1100m from the hypocenter
botanical name:Pinus parviflora
age: 70 years old over
height:? m.
surroundings:?m
address:7-8 Hirano-cho Nagasaki-city
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 1100m from the hypocenter. The tree is standing in the garden of the Peace & Atomic Bomb Museum. There are other A-bombed trees, including a Azarea. June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
5 minute walk from the Hamaguchi-cho station.

14CC5CB3-EB7A-4C48-B710-AB8778594974_R.JPG五葉松の根元にある記念石。