• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

若竹町森田隆宅の柿の木 in ナガサキ

根元に大きな傷を残して、秋には実をつけます 
個人宅の門の前に立っています   
A-bomebed Persimmon in NAGASAKI

IMG_3211_R.JPG ▼爆心地からの距離:2,300メートル
▼カキノキ科・落葉高木
▼樹齢:70年以上
▼樹高:5m/幹周り:2.2m
▼所在地:長崎市若竹町 個人宅の玄関前

【木の特徴―根元に傷】
長崎市登録「被爆樹木」には個人宅の木も多く含まれています。ここが広島市との違いですね。広島で登録が認められるのは寺社・仏閣や学校など公の場に立つ木です。森田さんの柿の木は、根元に大きな傷あとがあることが特徴です。ウロに痛々しい治療のあとがあります。森田さんの話では「もっと大きい木だった。原爆と虫食いで小さくなった」という。現在でも葉はよく繁るが、柿の実はなっても落ちるのが早いそうです。
※参考文献:『長崎被爆50周年事業 被爆建造物の記録 植物』(長崎市)

【この木に会いに行こう!】
JR長崎駅から路面電車「赤迫(あかさこ)」行で、終点下車。徒歩10分。

≪DATA of A-Bombed Trees≫
The Japanese Persimmon/Mr. Morita's tree 2300m from the hypocenter
botanical name:Diospyros kaki
age: 70 years old
height:? m.
surroundings:?m
address:Wakatake-cho,Nagasaki city/
This tree survived the atomic bombing of Nagasaki, about 2300m from the hypocenter. The tree is standing in front of entrance in the Morita's house.June,2017 Shooting
 
★Let's go to see this tree !
10 minutes walk from the Akasako station.