• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

妙光院のボダイジュ Linden tree in Tokyo

かつて名木百選に選ばれていた菩提樹。幹は折れましたが 
根元から"ひこばえ"が生え、ハート形の葉がキラキラキラ 


RIMG0058_R.JPG DATA of TREE
▽樹種:ボダイジュ(シナノキ科・落葉高木)
▽学名:Tilia miqueliana 
▽英名:Linden tree
▽樹齢:不明
▽樹高:ひこばえが数本集まる/幹周り:2~3㎝
▽所在地:東京都府中市本町1ー16ー13 妙光院
※東京都府中市の名木百選№78(2008年台風により倒れる)


【木の特徴】
かつては「名木百選」に選ばれるほど、美しい木だったのでしょう。しかし、2008年の台風で倒れたそうです。私が訪れたのは2010年、会うことができませんでした。今、この木が立っていた場所からは"ひこばえ"が何本も生え、葉を繁らせています。いつか、ひこばえのどれかが大樹になる日は数十年後か、百年後か・・・。このお寺のまわりに住む子供たちは大きくなった菩提樹に会えるかもしれませんね。ボダイジュはハートの形をした葉が特徴です。ひこばえの小枝からキラキラと、若緑色のハートが出ているのを見てください。(2010年7月撮影)
★この木を見るポイント⇒ひこばえ、ハート形の葉

RIMG0055_R.JPGRIMG0053_R.JPG


















【歴史を伝える】
妙光院は、貞観元年(859)、眞如法親王の開山、真言宗のお寺です。御本尊は延命地蔵菩薩像。多摩八十八か所霊場23番札所。お寺の裏門を出ると、「珈琲・菩提樹」という名前のカフェがありますよ。かつて大樹だった頃のこのボダイジュに思いをはせながら、コーヒー1杯いただくのも素敵な時間です。

【この木に会いに行こう!】
JR「府中本町」駅下車。徒歩約5分。大国魂神社のすぐそばです。


おまけ【日本の菩提樹・インドのボダイジュ】 
日本のボダイジュは、お釈迦様が悟りを得た木とは違う種類です。インド仏教のボダイジュはクワ科で、ガジュマルやアコウなどの仲間、気根をたくさん垂らす常緑高木の「インドボダイジュ(学名:Ficus religiosa)」です。一方、わが国のボダイジュは落葉高木。サンスクリット語の「ボーディ・ヴリクシャ(Bodhi-vrksa)」を漢訳したもので「悟りの木」という意味。しかし、釈迦の教えがインドから中国にもたらされた時、中国の風土ではインドボダイジュが育たないため、葉の形が似たシナノキ科の木が代わりに寺院に植えられました。そのシナノキが日本への仏教伝来後、鎌倉時代の僧、栄西(1141-1215)によって、仏教の聖樹ボダイジュとして伝えられ、以来、わが国ではシナノキ科の木が「ボダイジュ」と呼ばれるようになりました。つまり、仏教のボダイジュとは何の関係もない木なのです。

妙光院のイチョウ Ginkgo in Tokyo

大きな銀杏と小さな銀杏が寄り添うように立つ 
人のご縁を導いてくれそうな美しい木です 

RIMG0077_R (2).JPGRIMG0064_R (2).JPG 
 
















DATA of TREE
▽樹種:イチョウ(イチョウ科・落葉高木) 
※東京都府中市の名木百選№16(1988年8月選定) 
▽樹齢:不明
▽樹高:約25m
▽幹周り:約3.9m
▽所在地:東京都府中市本町1ー16ー13 妙光院(多摩八十八か所霊場23番)

【木の特徴】
境内でひときわ大きなイチョウは「府中市の名木百選」に選ばれています。幹の上部が細い枝が数十本に分かれた姿が繊細で美しく、気品あふれる一樹です。その大きなイチョウのそばには、寄りそうように小さなイチョウが立っています。夫婦かしら・・・。愛し合う男女のご縁、夫婦円満、家族の幸せを約束してくれそうな、ほほえましいイチョウたちです。

【歴史を伝える】
妙光院は、貞観元年(859)、眞如法親王の開山、真言宗のお寺です。御本尊は延命地蔵菩薩像。多摩八十八か所霊場23番札所。

【この木に会いに行こう!】
JR「府中本町」駅下車。徒歩約5分。

善明寺のオリーブ Olive in Tokyo 

銀緑色の葉がまぶしい
聖なるオリーブ


sRIMG0197 OLIVE.jpgsRIMG0186 (2)OLIVE main.jpg


シンボルは「平和と再生」。オリーブの葉には聖なる言葉が記されていると、イスラムに伝わる樹木神話は伝えています。ノアの箱舟伝説では大洪水の後、海に放った鳩がオリーブの枝をくちばしにくわえて戻ったことから大地の存在を知り、再生の象徴となりました。

日本のお寺でオリーブの木と出会えるなんて、不思議な気がします。松や紅葉など日本ならではの吉祥樹の中に、西欧の聖なる樹オリーブがそびえています。きれいに掃き清められた庭はしんとして、のんびり歩いていると心が浄化されていくよう。すがすがしい葉色が空の色と溶け合って、独特の美しさを放っています。葉の表は濃い緑色、裏はシルバーに近い淡い緑色。風になびくたびに陽の光に反射して、キラキラと輝いています。オリーブの立つ場所だけ、異国に迷い込んだような空間です。


◎樹種/オリーブ(モクセイ科)
◎樹齢/約100年
◎樹高/約4m
◎幹周り/約0.4m
◎所在地/東京都府中市本町1-5-4 善明寺
(2010年5月現在)

日比谷公園の首賭けイチョウ Gingko in Tokyo 

大切な人を守る
記憶をもつイチョウ

s-IMG_6789 ginkyo hibiya main.jpgs-IMG_6768 ginkyo hibiya up.jpg

ひとりの男が守り抜いたイチョウです。
男の名前は本多静六。「日本の公園の父」といわれ、日比谷公園を始め、明治神宮の森や全国の公園を創った林学博士です。一代で巨億の富を築いたことでも有名で、その思想は現代にも通じる成功哲学として信頼されています。 明治32年頃、道路拡張のため伐られそうになったのを本多氏が「私の首をかけても移植させる」と言って守ったため、この呼び名になりました。
彼が守ったイチョウは今、大きく成長し、そこにあるのがあたり前の存在として私たちを楽しませてくれます。特等席はレストラン「松本楼」の窓際。木の命の力を感じながら食べたり話したりしていると、気心の知れた友達が隣にいるように思えてきて、ほっとあたたかな気持ちになるのは私だけでしょうか。一緒に過ごした人との時間がその時々の木の風景とともに思い出に変わる幸せ。イチョウの記憶の中にも、守ってくれた人やそこで過ごした人への思いはきっと残っていると思います。人と木とが共存する喜びを伝えてくれる木です。

◎樹種/イチョウ(イチョウ科)
◎樹齢/約400年
◎樹高/約21.5m
◎幹周り/約6.5m
◎所在地/東京都千代田区日比谷公園 レストラン松本楼前
(2013年7月現在)

明治神宮の夫婦楠  Camphor in Tokyo

男女の絆を結び、家族の愛を育む
並んで立つ夫婦楠

s-kusunoki meijinguRIMG0008.jpg


明治神宮の森は人がつくった森です。全国から奉献された約十万本が十一万人もの人々の手によって植えられました。今では木々は自らの力で成長し、美しい森を保ち続けています。人と木との共存を象徴する森と思います。一九二〇年ご鎮座当時、奉献され、本殿前に植えられたのが二本のクスノキ。「夫婦楠」と呼ばれて、縁結び、夫婦円満、家族の健康安全のご加護をくださるご神木として親しまれています。私が訪れた時、ちょうど神官、花嫁花婿、家族の方々が夫婦楠の間を通られ、ご縁が強く結ばれていくように見えました。

◎樹種/クスノキ(クスノキ科)
◎樹齢/約1000年
◎樹高/約25m
◎幹周り/約6m
◎所在地/東京都渋谷区代々木神園町1-1 明治神宮
(2009年5月)

1  2