• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

鶴見橋のシダレヤナギ willow in Hiroshima

70年前、ヤナギは原爆に灼かれた多くの人の死を見つめた
70 years ago, this willow saw many people were killed by the blazing heat of the atomic bomb.
1,700m from the hypocenter

sIMG_5143 willow tsurumi1.jpgのサムネイル画像sIMG_5139willow tsurumi 2.jpg

被爆樹巡礼A-Bombed Trees
樹種:ヤナギ(ヤナギ科)落葉高木
学名:Salicaceae
爆心地からの距離1,700メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:不明
◎幹周り:不明
◎所在地:広島県南区比治山本町20 鶴見橋東詰め
◎会いに行くには:広島駅から路面電車に乗り、「比治山下」下車、すぐ。(2011年8月撮影)

ヤナギは鶴見橋のたもとに立っています。70年前、ヤナギはどれほどの多くの死を見つめたでしょうか。写真右上は当時のヤナギの様子。市街地から逃げてきた人々はヤナギの立つ鶴見橋を渡り、比治山などに避難したといいます。私がこのヤナギを訪れた2011年頃、爆心地のほうへ幹が90度近く折れ曲がり、枝の先端はその方角を指して、異形の姿をさらしていました。枝には千羽鶴が吊り下げられ、この場所で大勢の人が亡くなったことを告げています。

「鶴見橋のシダレヤナギ」とともに原爆体験を語る
語り部、北川建次さん(79歳)にお話を聴きました。
▼下記アドレスからご購読ください。
https://otomana.nifty.com/magazine.php?mid=rieko&dt=201408

DATA of A-Bombed Trees
tree species:willow
botanical name:Salicaceae
1,700m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:?
◎surroundings:?
◎address:Motomachi 20,Hijiyama,Minami-ku,Hiroshima city
◎In tram from Hiroshima Station, "Hijiyama shita" get off,1minute walk.
(photographing date:Aug,2011)

This willow is standing in near the bridge. The tree saw many people were killed by the blazing heat of the atomic bomb.It had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years", so this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair.


sIMG_5157willow tsurumi3.jpgsIMG_5174willow tsurumi4.jpg

市営住宅の中に立つクスノキ Camphor in Hiroshima

生きる希望を託す、再生の樹
This camphor tree is standing in the residential area.
1,010m from the hypocenter

  sIMG_4871.jpgsIMG_4899.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:クスノキ(クスノキ科)落葉高木
学名:Cinnamomum camphora
爆心地からの距離:1,010メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:12メートル 
◎幹周り:4.7メートル
◎所在地:広島県中区基町16 市営住宅南西側駐車場
◎会いに行くには:原爆ドームから徒歩5分(2008年8月撮影)

太田川が流れる河原のそば、住宅街の中に立つクスノキ。この木がかつて、枯れ木同然となったことを想像するのは難しい。しかし、1945年8月6日、朝8時15分、原爆投下。爆心地から約1キロの住宅地の中に立っていたクスノキは瞬時に焼かれ、幹は根元近くまでを失い、黒焦げの無残な姿となった。表面温度摂氏約3000~4000度の熱線と放射能が地上を襲ったのだ。そのとき、人は......。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:Camphor
botanical name:Cinnamomum camphora
1,010m from the hypocenter

◎age:? years old
◎height:12m
◎surroundings:4.7m
◎address:Motomachi 16,Hiroshima city/1010m from the hypocenter
◎20minute walk from the A-bomb Dome. (photographing date:Aug,2008)

Near the Oota River , this camphor tree is standing in the residential area. I can not think that this tree was in the atomic bomb. At 8:15 a.m, August 6,1945,This Camphor was burned by the blazing heat of the atomic bomb.So this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair.


sIMG_4905.jpgsIMG_4866.jpg

広島城のマルバヤナギ Willow in Hiroshima catsle

幹の中が空洞になっても、しっかりと立つヤナギの木
The inside of the stem of this willow became cavity by the atomic bombed.
740m from the hypocenter

sricho1,08.8.2 331maruhayanagi1.jpgsricho1,08.8.2 340maruhayanagi2.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:ヤナギ(ヤナギ科)落葉高木
学名:Salix chaenomeloides
爆心地からの距離:740メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:5.5メートル 
◎幹周り:3.4メートル
◎所在地:広島県中区基町21 広島城二の丸跡
◎会いに行くには:広島駅から路面電車に乗り、「紙屋町東」下車、徒歩15分
(2008年8月撮影)

広島城の二の丸跡、お堀のそばに立っているマルバヤナギ。細長い葉をしたシダレヤナギと違い、葉が丸いことからこの名前がつけられています。原爆投下後、幹の中が燃え尽きたのか、樹皮だけを残し、内側は空洞になりました。樹木医によって治療が施され、現在まで元気に育っています。このヤナギ、根は平地に張っているのだが、幹を傾け、枝の一部をお堀の石塀から身をのり出さんばかりにしています。その姿を見ていると、想像を絶するほどの熱い熱線を浴び、どれほど水を欲したか、どれほど喉が渇いたことでしょうか? 葉の色が暗いせいか、このマルバヤナギは他の被爆樹に比べても、悲しみをずっしりと背負い続けているように見えます。孤独に立つ木の心が伝わってきて、切なくなるのは私だけでしょうか。訪れた夏、赤い小さな芽が出ていたことが救いでした。木々の芽吹きによって、ほんの小さな一歩でも未来の希望を感じた、当時の人々を思いました。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:willow
botanical name:Salix chaenomeloides
740m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:5.5m
◎surroundings:3.4m
◎address:Hiroshima catsle ninomaru trace,Motomachi 21,Hiroshima city
◎In tram from Hiroshima Station, "Kamiyacho east" get off, 15-minute walk.
(photographing date:Aug,2008)

This willow is standing in very close from the hypocenter.Because Hiroshima was burned by the atomic bomb,the inside of the stem of willow became cavity.And yet the tree is standing steadily on the same place.70 years ago, it had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years".So when people saw new buds sprouting,they were encouraged and were able to have hope for their future.
sricho1,08.8.2 337maruhayanagi3.jpg

白神社(しらかみしゃ)のクスノキ Camphor in Hiroshima

木は誰もいなくなった焼け野原で生き延びた
This camphor survived anyone in the burnt field which disappeared.
490m from the hypocenter

sricho1,08.8.2 227shirakami kusu1.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:クスノキ(クスノキ科)落葉高木
学名:Cinnamomum camphora
爆心地からの距離:490メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:5.8メートル 
◎幹周り:1.53メートル
◎所在地:広島県中区基町7-24 白神社内
◎会いに行くには:広島駅より路面電車「紙屋町経由広島港」行き、「袋町」 で下車、徒歩1分
(2008年8月撮影)

爆心地に近い白神社(しらかみしゃ)に立つクスノキです。原爆投下後、地面に出ている部分はすべて焼けてしまいました。根は強靭にも生きていたのか、翌年春には大地から芽を出しました。それから70年、すくすくと育ち、今では神社の屋根を越すほど高く聳えています。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:Camphor
botanical name:Cinnamomum camphora
490m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:5.8m
◎surroundings:1.53m
◎address:Shirakami-sha,Motomachi 14,Hiroshima city
◎In tram from Hiroshima Station, "Fukuro-machi" get off,1minute walk.
(photographing date:Aug,2008)

The Camphor is standing in near the place from the hypocenter.It had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years", so this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair.

本川小学校のニワウルシ Tree of Heaven in Hiroshima

大地に還った被爆樹、平和の森へ
Tree of Heaven is standing in the nearest place from the hypocenter.
410m from the hypocenter

  sIMG_5020 niwa-urushi.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:ニワウルシ(ニカギ科)落葉高木
学名:Ailanthus altissima
爆心地からの距離:約410メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:不明 
◎幹周り:不明
◎所在地:広島県中区本川町1 本川小学校 校庭内
◎会いに行くには:原爆ドームから徒歩10分(2011年8月撮影)

本川小学校を初めて訪れた時、ニワウルシの幹は細く、緑の葉も少なく、多くの支柱で支えられていました。かろうじて立っていたという感じでしたが、死の大地から新芽を出した木は、再出発した学校と子どもたちのシンボルとして、現在まで大切に育てられ、守られていました。ところが昨年、本川小学校に問い合わせると、樹勢を弱めていったニワウルシは2014年1月、切り倒され、その伐り株も残っていないそうです。とても残念ですが、木が立っていた場所にニワウルシ3世が芽生え、育っていると聞き、ほっと安心しました。被爆した木は消えました。その翌年、大地から芽生えた木も大地に還りました。そして、今、3代目のニワウルシが再び新たな命を蘇らせたのです。ニワウルシが立っていた校庭には、アオギリやクスノキなど被爆樹二世を植樹し、平和の森として育てていき、70年前のあの日のことを伝え続けていくそうです。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:Tree of Heaven
botanical name:Ailanthus altissima
410m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:?
◎surroundings:?
◎address:Honkawa-cho1,Naka-ku,Hiroshima city
◎10 minute walk from the A-bomb Dome. (photographing date:Aug,2011)

Tree of Heaven is standing in the nearest place from the hypocenter. It had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years", so this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair. This tree was dying. However,The young plants of this trees is growing up.

前の5件1  2  3