• Home
  • 聖樹巡礼
  • 宇宙樹の庭
  • こころの木
  • 木に咲く花の文様
  • 木の芸術家
  • 木の図書館

こども文化科学館東側のシダレヤナギ Willow in Hiroshima

仲間のヤナギは燃え、一本だけ生き残った
This willow has survived only one , when Hiroshima was burned by the atomic bomb on August 6,1945.
450m from the hypocenter

sIMG_4840willow kodomo1.jpgsIMG_4845willow kodomo2.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:ヤナギ(ヤナギ科)落葉高木
学名:Salicaceae
爆心地からの距離:450メートル

◎樹齢:不明
◎樹高:8.0メートル 
◎幹周り:2.0メートル
◎所在地:広島県中区基町5
◎会いに行くには:原爆ドームから徒歩10分(2011年8月撮影)

今は子どもたちが科学を気軽に楽しめる場となっている、子ども文化科学館。当時はこの辺りには西練兵場があり、外周にはぐるりとヤナギの木が植えられていました。原爆が落とされた後、その中で、たった一本だけ生き残ったヤナギです。原爆投下直後、水のあるこの辺りには大勢の人が水を探し求めて歩きました。水を飲みながら死んでしまった人、「水がほしい」と嘆きながら水を口にできずに死んだ人もたくさんいました。 ヤナギの木は忘れることはありません、70年前のあの日のことを、命がある限り。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:willow
botanical name:Salicaceae
450m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:8.0m
◎surroundings:2.0m
◎address:Motomachi 5,Hiroshima city
◎10 minute walk from the A-bomb Dome.
(photographing date:Aug,2011)

This willow is standing in the very near place from the hypocenter. On August 6,1945,when Hiroshima was burned by the blazing heat of the atomic bomb, burning all other trees,this willow has survived only one in this place.It had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years", so this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair.
70 years ago,many people wanted to drink the water,so they came searcing for water.But They were not able to drink water.Men and women and children went dead. Now this willow is standing near the fountains. This willow will never forget that day 70 years ago , and as long as there is life.

sIMG_4841willow kodomo.jpg

頼山陽史跡資料館のクロガネモチ Round Leaf holly in Hiroshima

江戸時代の歴史家、頼山陽の居室がある庭で、
被爆5年後に芽生えた古木
The young plants of round Leaf holly is growing up after five years of atomic bomb,in the garden of Rai Sanyo Shiseki Museum.
410m from the hypocenter

sricho1,08.8.2 220raisanyo.jpgsricho1,08.8.2 222raisanyo2.jpg

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:クロガネモチ(モチノキ科)常緑高木
学名:Ilex rotunda
爆心地からの距離:410メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:5メートル 
◎幹周り:0.29メートル
◎所在地:広島県中区袋町5-15/爆心地から410メートル
◎会いに行くには:原爆ドームから徒歩5分(2011年8月撮影)

クロガネモチは古くから庭内に立っていましたが、原爆によって根株だけを残して焼けてしまいました。しかし、5年目の1949年、不思議にもその焼け残った株から芽を出しました。枯死したと思われた木から芽が出た姿を見て、その再生力と生命力に感動しました。それ以来、成長を続け、現在は約5メートルの高さになっています。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:round Leaf holly
botanical name:Ilex rotunda
410m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:5m
◎surroundings:0.29m
◎address:Fukuro-machi,Naka-ku,Hiroshima city
◎5minute walk from the A-bomb Dome. (photographing date:Aug,2011)

This round Leaf holly planted plante here many years ago.The tree was burned down by the A-bombing on August 6,1945,only with its stump left.However,in 1949, the stumb miraculously sprouted again and has grown about 5 meters.

青少年センター西側のシダレヤナギ Willow in Hiroshima

爆心地から最も近い被爆樹
耳を澄ませるヤナギの木
The willow is standing in the nearest place from the hypocenter.
370m from the hypocenter

IMG_4800 爆心地から最も近いヤナギ.jpgIMG_4811.JPG


被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:ヤナギ(ヤナギ科)落葉高木
学名:Salicaceae
爆心地からの距離:370メートル
◎樹齢:不明
◎樹高:5.5メートル
◎幹周り:2.5メートル
◎所在地:広島県中区基町14
◎会いに行くには:原爆ドームから徒歩5分(2011年8月撮影)

爆心地から最も近い場所に立っている被爆樹です。原爆投下直後は幹のほとんどが焼失してしまいましたが、翌年の春、根元から芽を出して、ヒコバエが伸びてきたといいます。か細い、弱い小さな芽が少しずつ大きくなって、現在は被爆の跡など全く感じさせない大きなヤナギの木になって、風に揺れています。写真右はヤナギの木が見ている風景。
二股に分かれた幹の右下辺り、人間の耳の形のように見えませんか? ヤナギは耳を澄ませて、誰かの声を聴いているかのようです。8月6日、姿は消え去っても、大地にそっと身をひそめ、この地で生きる人々の苦しみ悲しみを聴いていたのではないでしょうか。助けを呼ぶ小さな声をもっとよく聴こうと耳をそばだてるうちに、いてもたってもいられなくなって、ヤナギの芽はひょっこりと大地から顔を出したのかもしれません。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:willow
botanical name:Salicaceae
370m from the hypocenter
◎age:? years old
◎height:5.5m
◎surroundings:2.5m
◎address:Motomachi 14,Hiroshima city
◎5minute walk from the A-bomb Dome. (photographing date:Aug,2011)

The willow is standing in the nearest place from the hypocenter.It had been rumored that"nothing will grow in Hiroshima for 75 years", so this sight rekindled courage and hope in many who were close to despair.

IMG_4813.JPGIMG_4816.jpg

広島城のユーカリ Eucalyptus in Hiroshima

何度倒れても芽を出す
不屈のユーカリ
The eucalyptus is standing in near the place from the hypocenter.
740m from the hypocenter

eucalyptus1.jpg eucalyptus2.jpg

eucalyptus3.jpg 爆心地から七四〇メートルのところで被爆したユーカリです。
炎から逃れるようにのたうつ枝、焼け焦げた跡が残るえぐれた幹。真っ直ぐに伸びていくはずのユーカリの悲惨な姿は木がどれほど苦しんだかを物語っています。
原爆が落ちた地には七五年間、草も木も生えないといわれていました。しかし翌年の春、灼かれ倒れた木々から芽が出て、人々の生きる希望になりました。
『はだしのゲン』シリーズの漫画家、中沢啓治氏がこの木をモデルに作品『ユーカリの木の下で』(汐文社刊)を書いています。被爆した過去を隠し続けた父と子のユーカリを巡る家族の物語。ぜひ読んでみてください。

私たちも何度倒れても、新しい芽を出すことができる、と信じられる「The Bombed Tree」です。

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees
樹種:ユーカリ(フトモモ科)常緑高木
学名:Eucalyptus
爆心地からの距離:740メートル

◎樹齢:約100年
◎樹高:10メートル 
◎幹周り:2.75メートル
◎所在地:広島市中区基町21 広島城二の丸跡
◎会いに行くには:広島駅から路面電車で「紙屋町東」下車、徒歩15分(2008年8月撮影)
【ユーカリ】
シンボル「癒し」。常緑高木。オーストラリアでは聖なる樹。先住民族アボリジニは葉をキズ薬にしたり煎じて飲むなど、心身を癒す力を秘めた木としても崇拝しました。深く根を張り、水を吸い上げる性質を利用し、現代では砂漠の緑化にも役立っています。

DATA of A-Bombed Trees
tree species:Eucalyptus
botanical name:Eucalyptus
740m from the hypocenter
◎age:100 years old
◎height:10m
◎surroundings:2.75m
◎address:Hiroshima catsle ninomaru trace,Motomachi 21,Hiroshima city
◎In tram from Hiroshima Station, "Kamiyacho east" get off, 15-minute walk. (photographing date:Aug,2008)

The eucalyptus is standing in near the place from the hypocenter.The tree revives many times from the blazing heat of the atomic bomb and the typhoons. So when people saw new buds sprouting,they were encouraged and were able to have hope for their future.
Comic artist of "BAEWFOOT GEN", Keiji Nakazawa write "Under the tree of the eucalyptus" to a model on this Tree.

前の5件1  2  3